Club Bolívar a la Temporada 2020

目次にジャンプする

【旅も良いけど、まず応援を】

 

ボリーバル公式ようつべチャンネル (次の動画が自動で始まらない場合、再生画面右上のアイコンからリストを表示して次に見たい動画を選択してください)


#VamosAKD

ブラジル関連記事総合案内


目次

【エドゥアルド・ヒグチ・マチカド】

プロフィールとイントロダクション

有限株式会社への転換(2008年9月20日)

【大問題】
ソフトバンク系列企業「スプリント」CEO兼ボリーバル共同会長
マルセロ・クラウレが大リストラ敢行?主力の大量流出危機

2019年のトップチームとコーチングスタッフ

2019年の移籍市場


【エドゥアルド・ヒグチ・マチカド】

Eduardo Jiguchi Machicado


出身地・年齢

ボリビア多民族国サンタクルス県ミネーロス
(1970年8月4日/49歳)

国籍

Bandera de Boliviaボリビア

身長

1.77 メートル

職業

サッカー選手(元)

デビュー

1988年
(CDオリエンテ・ペトロレロ)

ポジション

ディフェンダー

所属クラブ

期間

クラブ

試合

(点)

1988–1991

CDオリエンテ・ペトロレロ

 

 

1992–1999

ボリバル

256

(19)

2000

マリスカル・ブラウン

29

(4)

2001–2002

ホルヘ・ウィルステルマン

37

(5)

2003–2004

ザ・ストロンゲスト

59

(4)

2005

アウロラ

22

(0)

2006

デストロイエルス

18

(1)

2007

CDサン・ホセ・デ・オルーロ

11

(0)

 

エドゥアルド・ヒグチ・マチカドはボリビア多民族国 (1970年当時ボリビア共和国)の東部サンタ・クルス県ミネーロス出身の元プロサッカー選手、実業家。ポジションはディフェンダー。1987年のU16ワールドユースにボリビア代表として出場、フル代表ではFIFAワールドカップ南米予選に2試合出場(出典)。1990年代はボリビア黄金期で選手層も厚く、1994年米国W杯は予選から出番がなく本大会メンバーに選出されなかった。コパ・アメリカにはエクアドル1991、ボリビア1997、コロンビア2001の計3大会でメンバー入り。国際Aマッチ18試合0得点。

リーグ優勝はオリエンテ・ペトロレロで1回(1990)、ボリバルで5回(1991/1992/1994/1996/1997)、ホルヘ・ウィルステルマンで1回(2000)、ザ・ストロンゲストで3回(2003完全制覇/2004後期)、CDサン・ホセ・デ・オルーロで1回(2007後期)、合計10冠。2007年シーズン終了後に38歳で現役引退した。

引退後の土地ビジネス

引退後ヒグチは故郷のサンタ・クルス県パイロンに500ヘクタールの土地を購入した。2016年3月17日、政権に太いパイプを持つと言われるアルトゥーロ・ムリージョ上院議員が、ヒグチの土地購入に対し「私的に所有する事は民法第3545条第11項に違反している」と告発して、ボリビア国立農業改革機構(INRA)がその調査結果を発表した。

「土地所有権に関する第1715条は、インディヘナ共同体・小作人階級・多文化社会に帰属するべきと考えられる資産が、特定個人の手に渡るのを法的に罰する事が可能であり、同条は本件に適用可能と考えるものである」と宣告された。ムリージョ議員は更に「換金可能な価値を持つ不動産ではあっても、然しながら本来人民の社会共有資産であるべき土地が違法に買収された事は最早事実と言うべきでしょう。しかも彼の買ったのは土地所有権を持たず地主の搾取と高利の貸し付けの下で、酷い小作生活を強いられている無産者に与えられるべきものだったのです」と手厳しくヒグチを攻撃した。


なおムリージョ議員はこれに関連して、ヒグチが共同で土地を購入した現役サッカー選手時代の同僚レオ・フェルナンデスとフアン・ベルティー・フアレスの2名に対しビジネスの利益を山分けすると約束したが、しかし2人には土地所有権や地代収入も約束通り支払われていないと言った。また法的問題として民法1715条が上記の類の土地の個人所有を禁じていること、3545条が先住民・小作人のみが持つべき土地の所有権を守れることを再度強調した。なおヒグチら3人の元サッカー選手はエボ・モラレス大統領と親しそうに一緒に写真をとったことがある。(出典)

名前について

エドゥアルドはファーストネーム、ヒグチは父親の実家の名字。母方の名字Machicadoは一見すると日本人の性や日本語に見えなくもないが、どうやら違うようだ。ペルー人やボリビア人の性に比較的多く見られ、スペイン語圏全体の中でも両国の人物名だけに集中して検索にひっかかる。両国の共通点は旧インカ帝国領ならびに旧ペルー副王領に多く居住しているケチュア族・アイマラ族・ウル族、ブラジル・パラグアイ方面の低地アマゾン地帯に多いグアラニー族、そして彼ら先住民と別人種の間に生まれたメスチーソ(混血)などの人口比率が際立って高い、ネイティヴアメリカンが数的優位な人種構成を持つこと。母親のMachicadoは、日系人男性と子をもうけた南米先住民女性またはメスチーソ女性の線が濃厚。
翻訳元最終更新履歴
es.wikipedia:Eduardo Jiguchi 13:49 4 jul 2019(UTC)
en.wikipedia:Eduardo Jiguchi 00:34, 20 April 2019‎(UTC)


Club Bolívar de la temporada2020
クルブ・ボリーバルの2020年シーズン

Emblem bolivar.png

会長

Bandera de Bolivia ギド・ロアイサ
Bandera de Bolivia マルセロ・クラウレ
(Baisa S.R.L.)

監督

Bandera de Argentina セサール・ビヘバニ (12月29日退任)
Bandera de Argentina クラウディオ・ビバス (12月29日就任発表)

エスタディオ

リベルタドール・シモン・ボリーバル

収容人数

5,000人

2019年シーズンの最終結果

国内リーグ

Bandera de Bolivia ディビシオン・プロフェシオナル2020

アペルトゥーラ

進行中

クラウスーラ

-

年間順位表

後期から

コパ・リベルタドーレス2020 グループB
2/6試合 (1勝・0分・1敗)

   

 

 

オフィシャルサイト

 

有限株式会社クルブ・ボリバル (ボリーバル)は1925年4月12日にボリビア多民族国(当時ボリビア共和国)ラパス県ラパスに創設されたプロサッカークラブ。リーガ・デ・ラパス所属時代の優勝回数はプロ・アマ通算歴代2位(32回)、カンペオナート・ナシオナル/コパ・シモン・ボリーバル(1960-1976。各県リーグ上位によるセミプロ全国大会)優勝3回、1977年創設のボリビア全国規模プロサッカーリーグ優勝は23回で最多。降格経験は1度もなく歴代通算勝ち点も最多。コパ・リベルタドーレスの歴代通算勝ち点が「325」で全209クラブ中の8位、他のボリビア勢の順位を圧倒的に上回っている。しかし国際タイトルは未だ1つも無い。

2019年は史上最多45シーズン目のボリビア1部に臨み、前期リーグ優勝で2年3ステージぶりに王座を奪回、コパ・リベルタドーレス2020出場を早目に確定させた。33回目の出場となったコパ・リベルタドーレス2019は昨季年間4位のため予選1回戦からの登場を強いられ、ウルグアイのデフェンソールSCに合計5-6で敗れ初戦敗退した。7月14日からの後期では完全制覇を目指し戦い、年間勝ち点が113・年間総得点140で1位となった。しかし後期優勝争いはザ・ストロンゲスト、ホルヘ・ウィルステルマンとの競り合いに敗れ3位に終わった。リーグ終了前から現場大改革を示唆していたクラウレ社長は、クラウディオ・ビバスの新監督就任、前期優勝に貢献した2人のアルゼンチン人の復帰、チーム得点王のスペイン人FWフアンミ・カジェホンの戦力外など大幅な刷新を行い2020年シーズンに臨んでいる。

有限株式会社への転換(2008年9月20日)

2008年以降の運営会社名は「ボリバル・アドミニストラシオン・イ・インベルシオネス・ソシエダー・アノニマ」、略称BAISA。グラン・セントロ・マリオ・メルカード・バカ・グスマン練習施設でのソシオ会議で決められたことで、この事業形態は2028年まで継続される。 現経営陣はこれに応じ新しい会社において新たな形で執務することになった。
今回の決定によりBAISAはボリバルの所有物だった財産・資産の売買や、経営透明化・選手獲得戦略などについて独占的権限を得た。旧株式会社はあと15日間形式的に存続するが、彼らは500万US$残存する負債を現体制から移譲される形になる。現時点で返済できていない債務、今後の給料支払い、以前に締結した契約も彼らが責任を持つこととなるだろう。
「これは債務整理という類の話ではありませんで、何といいますか危機を突破口にする一大チャンスであります。ボリバルがラテンアメリカのフットボール企業の中でも前例のないビジネスモデルを以て、業界の先駆者になるためのロードマップです」と、新運営会社BAISAにおいて旧株式会社クルブ・ボリバル会長で今日からBAISA共同会長ギド・ロアイサと共に指揮をとることになる、マルセロ・クラウレが語った。
会社は当然選手たちへのサラリーのために収入を支出するが、この額が現在年間100万US$かかっている。これは競争力を維持するためにどうしても下げられない1軍サラリーのボーダーであると経営陣は考え今後も続けていくだろう。
ギド・ロアイサはリーガ・デ・フットボル・プロフェシオナル・ボリビアーノ(当時)に対し、クラブを代表して対峙できる唯一の人物、他のクラブが持つことのできない特異な代表者となった。このような形で、ボリバルは収支はトントンになり負債も完全返済されるだろうと考えている。
契約は20年有効で、当社は株主への年利配当360万USドルに相当するだけの資産価値を取り戻すに至った。もうひとつ今回の処置によってクラブが得た力は、選手保有権の管理がより強くなったことで、選手の共同保有ローンやトレードなどによって従来よりも選手と金を動かしやすくなった。
新運営会社BAISA設立の調印から、ボリバルはCONMEBOLの南米カップ戦出場から得られる広告収入を基礎に置いた、旧来の収支メカニズムを放棄する。現金収入は何の名目であれクラブから直接管理を受けることになる。
会長権限はクラブから独立したものとなった。クラウレ氏によればこの方法が選手の移動を円滑化する手段で、それというのも移動の自由がこれまで無かったからやった事なのだが、ともかくギド・ロアイサという人物は今まだここに存在するが、少なくとも株式会社クルブ・ボリバルCEOではなくなったのである。
「各人が自分のすべきことを理解し取り組むこと。ギドはサッカーに専念して、私は残りの事を引き受けます」
「まずは何においても負債を精査する事が先決で、そのあと如何に交渉し返済するかを考えましょう。このような素晴らしいクラブを売りに出すようなことが現実に起こる可能性は高まっている、そのリミットは来ているのです」
ギド・ロアイサ会長によれば、既にクラブ財政は内部の人間だけで好転させられる状態ではなく金融機関によって動かされるべきだという。現共同会長マルセロ・クラウレは今シーズンの運転資金を工面する為約100万USドルの借り入れ金を調達したが、コパ・リベルタドーレス2009出場を逃した場合は700万USドルの損失が出るだろう。
「これはボリバルの歴史上の大きな前進で、2025年のクラブ設立100周年に向けて強く新しい存在になるため、若い人たちからお年寄りまで多くの人々と成功を掴んでいきたい」。 (出典)

【大問題】
ソフトバンク系列企業「スプリント」CEO兼ボリーバル共同会長
マルセロ・クラウレが大リストラ敢行?主力大量流出危機に

過去5年間に最も業績を上げたIT実業家の1人として、ラテンアメリカのEコマース講演会に招かれたマルセロ・クラウレ(2019年10月末ごろ)

プランティージャ2020 (3月1日)

選手

 

 

N.º

Nac.

Pos.

名前

前エキポ

1

Bandera de Bolivia

POR

ハビエル・ロハス

24 

Bandera de Bolivia ナシオナル・ポトシ

13

Bandera de Bolivia

POR

ギジェルモ・ビスカラ

27 

Bandera de Bolivia オリエンテ

25

Bandera de Bolivia

POR

ウィデン・ロハス

26 

Bandera de Bolivia クルブ・ペトロレロ

15

Bandera de Bolivia

POR

カルロス・アドルノ Canterano

18 

Bandera de Bolivia アウロラ

2

Bandera de El Salvador

DEF

ロベルト・ドミンゲス

22 

Bandera de El Salvador サンタ・テクラFC

3

Bandera de Bolivia

DEF

アドリアン・フシーノ Capitán 4.°

27 

Bandera de Estados Unidos トゥルサ・ラフネックス

5

Bandera de Bolivia

DEF

ルイス・グティエレス Capitán 2.°

35 

Bandera de Israel ハポエル・イロニ

8

Bandera de Bolivia

DEF

ディエゴ・ベハラノ

28 

Bandera de Bolivia ザ・ストロンゲス

11

Bandera de Bolivia

DEF

ホルヘ・フローレス

26 

Bandera de Bolivia ウニベルシタリオ・デ・スクレ

12

Bandera de Paraguay

DEF

テオドロ・パレデス

26 

Bandera de Argentina ニューウェルス

14

Bandera de Bolivia

DEF

ジョエル・フェルナンデス

21 

Bandera de Bolivia オールウェイズ三丁目のレディ

19

Bandera de Bolivia

DEF

オスカル・リベラ

28 

Bandera de Bolivia オリエンテ

21

Bandera de Bolivia

DEF

ロベルト・フェルナンデス

20 

Bandera de España クルトゥラル・レオネサ

4

Bandera de Bolivia

DEF

ハイロ・キンテーロス Canterano

19 

Bandera de Estados Unidos インテル・マイアミCF

30

Bandera de Bolivia

DEF

ロベルト・フローレス Canterano

18 

Flag of La paz.svg 下部組織

32

Bandera de Bolivia

DEF

パオロ・アルコセル Canterano

19 

Bandera de Bolivia グアビラ

34

Bandera de Bolivia

DEF

ホセ・エレーラ Canterano

16 

Flag of La paz.svg 下部組織

6

Bandera de Bolivia

MED

クリスティン・マチャド

29 

Bandera de Bolivia ロイヤル・パリFC

16

Bandera de Paraguay

MED

フィデンシオ・オビエド

32 

Bandera de Paraguay サンタニー

22

Bandera de Bolivia

MED

ペドロ・アソゲ

25 

Bandera de Bolivia オリエンテ

24

Bandera de Bolivia

MED

エルナン・ロドリゲス

23 

Flag of La paz.svg 下部組織

26

Bandera de Bolivia

MED

エルウィン・サアベドラ

24 

Bandera de Brasil ゴイアスEC

20

Bandera de Argentina

MED

エミリアーノ・ベッキオ

31 

Bandera de Arabia Saudita アル=イッティハド・ジッダ・クラブ

27

Bandera de Bolivia

MED

イマノール・カルデナス Canterano

19 

Flag of La paz.svg 下部組織

28

Bandera de Bolivia

MED

エリク・カノ

20 

Bandera de Bolivia アウロラ

29

Bandera de Bolivia

MED

マテオ・フローレス Canterano

19 

Flag of La paz.svg 下部組織

7

Bandera de Bolivia

DEL

ビクトル・アブレゴ

23 

Bandera de Bolivia デストロイエルス

9

Bandera de Argentina

DEL

マルコス・リケルメ Capitán 3.°

30 

Bandera de Chile ウニベルシダ・デ・チレ

10

Bandera de Bolivia

DEL

ブラディミール・カステジョン

30 

Bandera de Bolivia ナシオナル・ポトシ

17

Bandera de Bolivia

DEL

フアン・カルロス・アルセ Capitán

34 

Bandera de Bolivia オリエンテ

18

Bandera de Argentina

DEL

ホルヘ・ペレイラ

29 

Bandera de Argentina CAラヌース

-

Bandera de Bolivia

DEL

ルイス・アリ

25 

Bandera de Rumania FCヘルマンシュタット

23

Bandera de Bolivia

DEL

レオナルド・バカ

24 

Bandera de Bolivia ブルーミング

コーチングスタッフの名前

役職

Bandera de Argentina クラウディオ・ビバス

監督

Bandera de Argentina クリスティアン・ベージャ

アシスタントコーチ

Bandera de Argentina ディエゴ・フェレージャ

フィジカルコーチ

Bandera de Bolivia ギジェルモ・アポンテ

ドクター

 

     

2019年シーズン得点者一覧

トルネオ・アペルトゥーラ2019 (出典)

選手

点数

フアンミ・カジェホン

17

フアン・カルロス・アルセ・フスティニアノ

2

ブラディミル・カステジョン・コローケ

0

ホルヘ・ロランド・ペレイラ・ディアス

7

エルウィン・マリオ・サーベドラ

6

レオナルド・バカ・グティエレス

0

アドリアン・ジョニー・フシーノ

0

ディエゴ・ベハラノ・イバニェス

0

ホルヘ・フローレス

1

クリスティアン・マチャード・ピント

1

フアン・ホセ・オレジャーナ・チャバリア

0

ルイス・アルベルト・グティエレス・エレーラ

0

マウリシオ・プリエト・ガルセス

0

エリック・カノ

2

アントニオ・トマス・サントス・ジ・バホス

1

エルナン・ロドリゲス

3

イマノール・カルデナス

1

マルコス・リケルメ

13

テオドロ・パウル・パレデス・パボン

0

 

トルネオ・クラウスーラ2019 (出典)

選手

点数

フアンミ・カジェホン

18

フアン・カルロス・アルセ・フスティニアノ

12

ブラディミル・カステジョン・コローケ

11

ホルヘ・ロランド・ペレイラ・ディアス

9

エルウィン・マリオ・サーベドラ

6

レオナルド・バカ・グティエレス

3

アドリアン・ジョニー・フシーノ

2

ディエゴ・ベハラノ・イバニェス

2

ホルヘ・フローレス

2

クリスティアン・マチャード・ピント

1

フアン・ホセ・オレジャーナ・チャバリア

1

ルイス・アルベルト・グティエレス・エレーラ

1

マウリシオ・プリエト・ガルセス

1

テオドロ・パウル・パレデス・パボン

1

 

スタジアムへの持ち込み禁止物・入場拒否ケース

     
翻訳元最終更新履歴
es.wikipedia:Club Bolívar 14:53 28 feb 2020 (UTC)

1948-49ウルグアイサッカー選手組合ストライキ - 1950年ワールドカップ王者の知られざる内戦