SANTOS FUTEBOL CLUBE DE 2019

シーズン情報にジャンプする

サントスFC公式チャンネル (次の動画が自動で始まらない場合、再生画面右上のアイコンからリストを表示して次に見たい動画を選択してください)




目次

2019年シーズン基本情報と戦況

トップチーム

チーム内得点ランキング

ペレ、ネイマールらが付けた伝統の背番号10を
継承するベネズエラ人「ジェフェルソン・ソテルド」

ホームゲーム収支報告書の読み方

ウルバーノ・カルデイラ

Mundial Interclubes da FIFA 1962 Ida
Santos FC 3 × 2 SL Benfica (Estádio do Maracanã)

Mundial Interclubes da FIFA 1962 Volta
SL Benfica 2 × 5 Santos FC (Estádio da Luz)

Mundial Interclubes da FIFA 1963
Peixe e Pelé Bi Campeão de derrotar AC Milan com 3 Jogos

まとめ屋さん達が作った休憩所


サントスFCの2019年シーズン

Ficheiro:LogoSantosFC.png

トゥレイナドール

Argentina ホルヘ・サンパオリ (12月11日辞任/出典)
Portugal マヌエル・ジェズアルド・フェレイラ (12月24日就任/出典)

プレシデンチ

Brasil ジョゼ・カルロス・ペレス

公式戦総合

ジョーゴス

61J ( 33V - 14E- 14D)

サウド・ジ・ゴウス

+42 (95 G.M. - 54 G.S.)

ゴレアドール

Uruguai カルロス・アンドレス・サンチェス・アルコーサ (15G)

プレシーズンマッチ

ジョゴス

3J (2V - 1E - 0D)

サウド

+4 (6 G.M. - 2 G.S.)

アルチリェイロ

グスタヴォ・エンリキ 
ブライアン・ルイス 
ヴィクトル・ヤン 
マリーニョ 
マルコス・レオナルド (1G)

São Paulo カンピオナート・パウリスタ・セリエA 2019

ヘズウタード

 (準決勝敗退)

ジョゴス

16J (9V - 3E - 4D)

サウド

+8 (23 G.M - 15 G.S.)

アルチリェイロ

ジャーン・モータ (7 G)

Brasil コパ・ド・ブラジウ2019

ヘズウタード

8ヴァス・ジ・フィナーウ敗退

ジョーゴス

8J (4V - 1E - 3D)

サウド・ジ・ゴウス

+12 (18 G.M. - 6 G.S.)

アルチリェイロ

カルロス・アンドレス・サンチェス (4 G)

Brasil カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA 2019

最終順位

2位

ジョーゴス

 

22V - 8E - 8D

サウド・ジ・ゴウス

+27 (60 G.M. - 33 G.S.)

アルチリェイロ

 

エドゥアルド・サーシャ (14G)

América do Sul コパ・スウ=アメリカーナ2019

ヘズウタード

プリメイラ・ファーゼ

ジョゴス

2 (2E)

サウド・ジ・ゴウス

±0 (1 G.M - 1 G.S.)

アルチリェイロ

ジェフェルソン・ソテルド (1G)

プブリコ

マイオール

68,243 ペッソアス
フラメンゴ 1 × 0 サントス 
エスタジオ・ジョルナリスタ・マリオ・フィーリョ
ジョルナリスタ・マリオ・フィーリョ, 9月15日

メノール

4,407 ペッソアス
AEアウトス 1 × 7 サントス
エスタジオ・アウベルトン, テレジーナ, 2月6日

トタウ

721,643 ペッソアス

メジア

16,451.2 ペッソアス (61J)

最大差勝利と最大差敗戦

メリョール・ジフェレンサ

AEアウトス 1 × 7 サントス
エスタジオ・アウベルトンテレシーナ, 2月6日

ピオール・ジフェレンサ

イトゥアーノFC 5 × 1 サントス
ノヴェーリ・ジュニオールイトゥー, 2月3日
ボタフォゴSP 4 × 0 サントス
エスタジオ・サンタ・クルス, ヒベイロン・プレト,  3月20日


パウメイラス 4 × 0 サントス
パカエンブー, サンパウロ,  5月18日


カンピオナート・パウリスタ2020・セリエA1 1月22日開幕 (出典)

カンピオナート・ブラジレイロ2020・セリエA 5月3日開幕 (出典)
コパ・リベルタドーレス2020 グループG (3月3日開幕)

 

2019年のサントス・フチボウ・クルービは、カンピオナート・パウリスタ・セリエAに1913年度の初参加から数えて歴代2位の通算104回目の出場をした。コパ・ド・ブラジウ2019はパウリスタ4位の資格で1996年度の初登場から通算18回目の出場を決め、2回戦から登場しラウンド16で敗退した。カンピオナート・ブラジレイロ2019・セリエAには1959年の「タッサ・ブラジウ」から数えて通算59回目の出場をしている。コパ・スウ=アメリカーナ2019に昨季セリエA5位の資格で通算6回目の出場、ウルグアイのCAリーベル・プレートに敗れ予選1回戦で敗退した。国内リーグでは開幕から好調で中盤戦までは首位戦線にいたが、フラメンゴの独走と自らの失速により早い段階で優勝の望みが絶たれた。しかしチームは気を落とすことなく上位を維持し、5節を残してコパ・リベルタドーレス2020本大会出場を確定させた。最終順位は2位で、チーム内最多得点者エドゥアルド・サーシャが14ゴールで得点ランク3位、カルロス・サンチェスが9アシストでランキング3位となった。CBFアウォーズの受賞者は1人もいなかったが、ESPNボーラ・ジ・プラタのベスト11にはザゲイロにルーカス・ヴェリッシモ、左ラテラウにジョルジ・マルコ・ジ・オリヴェイラ・モラィスの2人が選出されている。ホームゲーム平均観客数は10,307人で20クラブ中18位。リーグ全体平均を1万人以上も下回り、セリエBに降格したクルゼイロとCSAよりも少なかった。

エレンコ (12月26日/公式HP名鑑)

N.º

Pos.

ノーミ

N.º

Pos.

ノーミ

N.º

Pos.

ノーミ

1

G

Brasil ヴァンデルレイ

13

LD

Brasil マテウス・ヒベイロ

33

G

Brasil ジョン・ヴィクトル

2

Z

Brasil ルイス・フェリペ

17

A

Paraguai デルリス・ゴンサレス

34

G

Brasil ジョアン・パウロ

3

LE

Brasil ジョルジ(放出)

18

V

Brasil ギリェルメ・ヌネス

36

LE

Brasil フェリペ・ジョナタン

4

LD

Brasil ヴィトール・フェーハス
(放出)

19

A

Brasil カイオ・ジョルジ

40

LD

Brasil カドゥー

5

V

Brasil アリソン

20

V

Brasil ジョブソン

41

M

Brasil ジャーン・モタ

6

Z

Brasil グスタヴォ・エンリキ

21

V

Brasil ジエゴ・ピトゥーカ

42

Z

Brasil ワグネル・レオナルド

7

M

Uruguai カルロス・サンチェス

22

G

Brasil エヴェルソン

43

M

Brasil イヴォネイ

8

M

Peru クリスティアン・クエバ
(放出)

25

M

Brasil エヴァンドロ

44

A

Brasil アレシャンドレ・タン

9

A

Colômbia フェルナンド・ウリベ

26

Z

Colômbia フェリペ・アギラール

45

A

Brasil アランジーニョ

10

A

Venezuela ジェフェルソン・ソテルド

27

A

Brasil サーシャ

 

M

Costa Rica ブライアン・ルイス

11

A

Brasil マリーニョ

28

Z

Brasil ヴェリッシモ

31

LD

Brasil パラー

12

G

Brasil ヴラディミル

14

Z

Brasil ルアン・ペリス

37

A

Brasilルーカス・ヴェヌート

39

A

Brasil タイウソン

 

A

Brasil ハニエウ

 

LD

Brasil マジソン

13

Z

Brasil カイキ・ホシャ

29

A

Brasil ユーリ・アウベルト

38

V

サンドリ

テクニコ: Portugal マヌエル・ジェズアルド・フェレイラ 


チーム内得点ランキング

カンピオナート・ブラジレイロ2019・セリエA (出典:CBF)

国籍と名前

点数

Brasil

エドゥアルド・サーシャ (エドゥアルド・コルセンチ・アントゥーニス)

13

Uruguai

カルロス・アンドレス・サンチェス・アルコーサ

9

Venezuela

ジェフェルソン・フリオ・ソテルド・マルティネス

9

Brasil

マリーニョ (マリオ・セルジオ・サントス・コスタ)

7

Brasil

グスタヴォ・エンリキ・ヴェルネス

3

Brasil

ジエゴ・ピトゥーカ (ジエゴ・クリスティアーノ・エヴァリスト)

2

Brasil

フェリペ・ジョナタン・ホシャ・アンドラージ

2

Brasil

タイルソン・ピント・ゴンサウヴェス

1

Brasil

ホドリーゴ・シウヴァ・ジ・ゴィス

1

Brasil

ルーカス・ヴェリッシモ・ダ・シウヴァ

1

Paraguai

デルリス・アルベルト・ゴンサレス・ガレアーノ

1

Brasil

ジョルジ・マルコ・ジ・アウベルト・モラィス

1

Brasil

ジャーン・モッタ・オリヴェイラ・ダ・ソウザ

1

ペレ、ネイマールらが付けた伝統の背番号10を
継承するベネズエラ人「ジェフェルソン・ソテルド」


ホームゲーム収支報告書の読み方

2019年12月1日 第36節シャペコエンセ戦(PDF)

1ページ目(支出報告書)

一番上の表:試合年月日と対戦カード、スタジアムの名前と所在する州および都市、資料番号、複数のマスの中から「公式戦」と「ホームゲーム」に×マークを記入し、その下に何の大会の試合なのか書かれている。
上から二番目の表:左の灰色の縦列にデスペサスと書かれているので、まず支出を先に報告している。支出B1にて360レアル50センターヴォの費用がかかったのは、アルグエイス(借金、借用)とセグーロス(安全、警備費用)と書かれている。加えてこの費用の出所がCBFとも書かれているのが見える。まとめると警備業務を有償でブラジルサッカー連盟に補助してもらっていることになる。支出B2ではタシャとインポストス、つまり必要経費と税金による支出が説明される。INSSとは国立社会安保機関という経済省の一部局で、1つ目のレフェリー安保費20%、2つ目の特定サービス業安保費20%、4つ目の同機関に対する一般支払義務の売上安保費5%がINSSに納付される。3つ目のFPFはサンパウロ州サッカー連盟で売上の5%を州連盟に搾取された。
支出B3は試合開催にかかったより多くの費用項目が記載されている。警備・会場スタッフ・INSSから派遣されたと思われるサービス業務員への弁当代、救急車配備費用、審判団給与、審判団の記録費用と交通費、CBF委託のドーピング検査費用、CBF委託のドーピング検出物の分析費用、CBF委託のドーピング検査団の弁当代と交通費と歓迎費用、試合中継費用、入場ゲート管理費用、試合運営サポートスタッフ費用、マッチオフィシャル報酬、マッチコミッショナー報酬、マッチアドヴァイザー報酬、クラブ自前で募集したと思われるサービススタッフ給与、彼等の記録費用と弁当代と交通費、クラブが独自に加入している民間保険会社への保険料。
一番上から三番目の表:左の列にデスコントと書かれている表で、INSSから更に余分に売上天引きを3件要求されている。INSSに対して審判団安保とクラブ備品安保費用がそれぞれ11%あると書かれているが、この日は発生せず。サービススタッフ安保費用は5,845レアル支払った。ここで支出の全項目の報告は終了した。そのすぐ下の灰色行に2ページ目の総収入から総支出を引いた純損益(ヘンダ・リキダ)が594万7814レアルの黒字と書かれている。
一番下の表:利益の分配先が書かれている。まず主催者サントスFCに上記の利益が100%入る。ビジタークラブの収入は当然皆無。ここにも「開催貢献者」INSSに天引きされるとおぼしき欄があるが、空白。横の「その他の開催貢献者」に対して利益を322万5000レアル分配し、最終的にクラブが得た純利益は272万2814レアル(約7027万3460日本円/2019年12月4日レート)となった。表の下に作成者であるサントスFCのオラシオ・ジ・ソウザ・ロペスの活字と直筆のサインがあり、役職は「財務(税務)管理長」と書かれている。

2ページ目 (収入報告書)

一番上の表:1ページ目と同じ。
上から二番目の表:ヘセイタスと書かれているので諸収入の表であると確認。この表は全面的に入場料収入のみで構成されていて、マーチャンダイジングとテレビ放映権は1試合ごとに報告する義務が無い、或いは不可能という見方ができる。上の灰色列を左から順に読んでいくと、まずチケット席種、発行枚数、返却枚数、売上枚数、価格、総売上が並んでいる。席種のアルキバンカーダは、ブラジルの応援動画を定期的に見ている人は御存知と思うがゴール裏、クルヴァのこと。バックスタンドとメインスタンドも同様にアルキバンカーダと呼ぶ事は頻繁にあるが、その場合は公式のチケット案内などを見るとスタンドの固有名詞で判別可能(参考:ソシオ・ヘイの席種案内画像)。ホーム側とビジター側ゴール裏ははっきり分けて記載しており、一般・中央・ソシオの3種類があるようだ。クラブ会費を払っているぶん価格設定が割安なのにゴール裏ソシオ席購入者は少なく、年間シートの関係もあるのか価格が2番目に安い「中央」の売上枚数が圧倒的に多い。そして両軍トルシーダはしっかりと隔離されているはずだからビジター側の売上枚数も明瞭で、シャペコエンセのトルシーダが108人来たことが確認できる。次に「カデイラ」「カデイラス」というスタンドの席種が大量に列記されているが、椅子がついた席である。ビジター側ゴール裏1階、バックとメインに複数区画が分散している。ここでもソシオ席の売上は低迷していて、一番売れたのはバックスタンド1階からビジター側ゴール裏1階コーナー部分の「カデイラ・テヘーラ・ラチラウ」だった。最後に「カマロテ」の名が付いた席種が列記されている。これはボックス席の事で、アルキバンカーダとカデイラスより明らかに値段が上で、最も高額な席種は200レアル。そして最後に6,961枚の実売数と2006万9000レアルの入場料収入が算出された。ここから1ページ目の総支出1412万1186レアルを引いたものが、この試合のサントスFCの利益。

ウルバーノ・カルデイラ

ウルバーノ・ヴィレーリャ・カルデイラ・フィーリョ (Urbano Vilella Caldeira Filho)はサンタ・カタリーナ州デステーラ (現在フロリアノポリスに合併されている自治体)出身のザゲイロ、指導者。1890年1月9日生まれ、1933年3月13日没。若くして地元を飛び出しサントス市海浜地帯で会計士として生計を営んでいたが、近くで試合をしていたサントスFCに魅了されて常連観戦客となり、そして選手になった。彼の現役時代と監督時代にあたる頃はまだアマチュアリズムが支配的だったはずだが、成功を収めてからは豊かに草木の茂った庭園付き一軒家をクラブから頂戴した。選手・監督として約20シーズンにわたりサントスFC一筋で活躍したワン・クラブ・マンで、監督としては1913年から1915年の第1期にカンピオナート・サンチスタ優勝2回、1924年-1932年の第2期には無冠だった。カンピオナート・パウリスタがプロ化された初年度1933年シーズン、その開幕戦の直後に肺炎で病死した。その5年後にクラブは毎年1月9日を「カルデイラの日」に制定、同時にエスタジオ・ヴィラ・ベウミーロの正式名称を彼の名前に変えた(出典:GloboEsporte)。彼の生きた時代のサントスFCはサンパウロ州内でさえ全く冴えない存在だったが、1950年代後半からウルバーノ・カルデイラは20世紀の世界サッカー史上に残るスーパースターと、クラブ最初の黄金期の舞台になった。

Mundial Interclubes da FIFA 1962 Ida
Santos FC 3 × 2 SL Benfica (Estádio do Maracanã)

Mundial Interclubes da FIFA 1962 Volta
SL Benfica 2 × 5 Santos FC (Estádio da Luz)

Mundial Interclubes da FIFA 1963
Peixe e Pelé Bi Campeão de derrotar AC Milan com 3 Jogos


Torcidas do Shimizu S-Pulse cantam Festa para um rei negro(1971) de Jair Rodrigues na arquibancada delas com o nome "Olha - Chape"


まとめ屋さん達が作った休憩所


翻訳元最終更新履歴
pt.wikipedia:Temporada do Santos Futebol Clube de 2019 22h00min de 10 de dezembro de 2019 (UTC)
pt.wikipedia:Santos Futebol Clube 17h19min de 24 de dezembro de 2019‎ (UTC)
en.wikipedia:2019 Santos FC season 21:03, 24 November 2019 (UTC)
pt.wikipedia:Estádio Urbano Caldeira 22h55min de 19 de dezembro de 2019‎ (UTC)
pt.wikipedia:Urbano Caldeira 07h46min de 1 de agosto de 2019‎ (UTC)
pt.wikipedia:Região Metropolitana da Baixada Santista 15h19min de 15 de dezembro de 2019 (UTC)
en.wikipedia:Urbano Caldeira 18:28, 3 December 2019 (UTC)
ru.wikipedia:Калдейра, Урбано 20:53, 13 марта 2019 (UTC)
tg.wikipedia:Урбано Калдейра 16:11, 13 октябри 2017 (UTC)
pt.wikipedia:Treinadores do Santos Futebol Clube 22h39min de 22 de dezembro de 2019 (UTC)
commons.wikimedia:File:Urbano Caldeira.PNG 17:26, 27 September 2017 (UTC)
commons.wikimedia:File:LogoSantosFC.png 11:43, 7 April 2018 (UTC)

1948-49ウルグアイサッカー選手組合ストライキ - 1950年ワールドカップ王者の知られざる内戦