アトレチコ・パラナエンセ応援練習用ページ

Fluminense FC da Temporada 2019

CHEGANDO PARA ENTREGAR PRIMEIRA VITÓRIA DO AVAÍ QUE SERÁ UM DOS CONCORRENTES NA LUTA DE PREVENIR OUTRO REBAIXAMENTO???

FLU VOLTANDO-SE AO MARACA COM EMPATE...
...E PERDEU AO MESMO TEMPO DA CHEGADA DELE

     

フルミネンセFCの2019年シーズン
Fluminense FC escudo.png
監督

フェルナンド・ジニス (2018年12月19日-2019年8月19日)

→ オズワルド・オリヴェイラ (2019年8月19日 - ?)

会長 マリオ・ビッテンコウルト
ブラジレイロン・セリエAとコパ・スウ=アメリカーナ
勝敗 試合 (勝分敗)
得失点差  (得点失点)
Rio de Janeiro カンピオナート・カリオカ・セリエA 2019 (準決勝敗退)
勝敗 15戦 (7勝4分4敗)
得失点差 +13 (26得点13失点)
チーム最多得点 ジョニの奇妙な冒険 (7点)
Brasil コパ・ド・ブラジウ2019 (ベスト16敗退)
勝敗 8戦 (4勝3分1敗)
得失差 +10 (15得点5失点)
Brasil カンピオナート・ブライジレイロ・セリエA 2019 (18位)
勝敗 16戦 (3勝3分10敗)
得失差 -7 (19得点26失点)
Flags of South American Conmebol Members.gif コパ・スウ=アメリカーナ2019
結果 準々決勝敗退
勝敗 8戦 (4勝3分1敗)
得失差 +6 (12得点6失点)
◄◄ 2018 Futebol 2020 ►►
 
2019年シーズンのフルミネンセFC (Fluminese Football Club)はカンピオナート・カリオカ・セリエAに1906年の第1回大会から通算で最多115回目の出場、コパ・ド・ブラジウに1989年の第1回大会から通算で23回目の出場、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAに1959年の「タッサ・ブラジウ」から数えて通算53回目の出場、CONMEBOLコパ・スウ=アメリカーナに通算8回目の出場をした。8月下旬にセリエB降格圏に転落し監督を交代。3つの州大会とコパ・ド・ブラジウ、コパ・スウ=アメリカーナでいずれも敗退した。

トップチーム登録選手

N.º Pos. 名前 N.º Pos. 名前 N.º Pos. 名前
1 G Brasil マルコス・フェリペ 18 A Brasil ウェリントン・ネィン 33 Z Brasil ニノ
2 LD Brasil ジウベルト 19 V/LE Brasil カイオ・エンヒキ 34 V Brasil カイオ
3 Z Brasil マテウス・フェーハス 20 M Brasil ダニエウ 35 A Brasil エワンドロ
5 V Brasil アイルトン 21 LD Brasil イゴール・ジュリアン 37 A Brasil ミギウ・シウヴェイラ
6 V Brasil ユーリ 22 A Brasil ケウヴィン 38 V Brasil ゼ・ヒカルド
7 A Brasil パブロ・ディエゴ 23 A Brasil ジョアン・ペドロ 39 G Brasil ホドウフォ・ヂ・メロ
9 A Brasil ペドロ 25 G Brasil アジェノール 40 Z Brasil ルアン
10 M Brasil 元祖 26 Z Brasil ジガン 77 M Brasil ネネー
11 A Colômbia ジョニの奇妙な冒険 27 G Brasil ムリエウ
12 A Brasil ルサン 28 M Brasil ギリェルメ
13 Z Brasil フラザン 29 V Brasil アラン
15 V Brasil ドジ 30 A Brasil ブレンネル
16 LE Brasil マスカレーニャス 32 A Brasil Portugal マルコス・パウロ

監督(代行): "マルサン"(マルコ・アウレリオ・ヂ・オリヴェイラ)

→ オズワルド・オリヴェイラ

出来事

・1月19日 - タッサ・グアナバラ2019が開幕。カンピオナート・カリオカ2019の予選を兼ねている。フルミネンセはB組初戦でマラカナンにブラジレイロン・セリエC所属のヴォウタ・ヘドンダFCを迎え、1-1で引き分けた。観衆は6,192人で、シーズン第1号の得点者はブラジル人DFのホージェル・イバニェス・ダ・シウヴァ(現アタランタBC所属)。
・2月2日 - タッサ・グアナバラB組全日程終了。フルミネンセはブラジリアのマネー・ガリンシャ国立競技場で開催(アウェイ扱い)された最終戦ヴァスコ・ダ・ガマ戦に1-0で敗れたが、3勝1分け1敗の2位で決勝トーナメント進んた。
・2月5日 - コパ・ド・ブラジウ2019に1回戦から出場、アウェイで1発勝負。これは2018年末のCBFランキングが低いことが原因である。相手はセリエD所属のヒーヴェル・フチボウ・クルービで、0-5で勝った。
・2月17日 - マラカナンでフラメンゴとタッサ・グアナバラ準決勝を戦い、0-1で敗れた。
・2月22日 - タッサ・ヒオ2019が開幕。カンピオナート・カリオカの予選を兼ねている。12クラブを2組に分け、別組の6クラブと1回ずつ対戦。それぞれの所属グループで2位以内に入ると決勝トーナメントに進出する。フルミネンセはマラカナンでのバングーACとの初戦に0-2で勝利した。バングーのホーム扱いで、観客数がグアナバラ初戦の3倍近い19,849人だった。
・2月26日 - CONMEBOLコパ・スウ=アメリカーナ2019の1回戦第1戦をマラカナンで戦い、チリのデポルテス・アントファガスタと0-0の引き分け。観衆は9,696人。
・3月6日 - コパ・ド・ブラジウ2回戦。マラカナンでセリエC所属のイピランガ・ジ・エレチンと対戦し3-0で勝った。観衆5,847人。
・3月21日 - エスタディオ・レヒオナル・デ・アントファガスタでスウ=アメリカーナ1回戦第2戦に1-2で勝利し、初戦を突破した。決勝点は元五輪代表で現グレミオ所属のFWルシアノ・ダ・ホシャ・ネーヴィス。観客数は14,231人。
・3月24日 - タッサ・ヒオのグループステージが終了。フルミネンセは最終戦でフラメンゴに3-2で敗れたが、B組1位で決勝トーナメントに進出した。
・3月27日 - マラカナンでタッサ・ヒオ準決勝、フルミネンセのホーム扱い。1-2でまたもフラメンゴに負けて敗退が決まった。観客数はフラメンゴのホーム扱いだった3日前の対戦より半分以上も少ない21,973人。しかしグアナバラとの総合成績で4位以内に入ったため、カリオカ2019の決勝トーナメントに進出した。
・4月3日 - コパ・ド・ブラジウ3回戦ファーストレグ。ブラジリアでセリエC所属のルヴェルデンセFCと対戦し、0-0で引き分けた。
・4月6日 - マラカナンにてフラメンゴのホーム扱いでカリオカ2019準決勝を戦った。ジウベルト・モラエス・ジュニオールの得点で先制するが、追いつかれ1-1で終了。グアナバラ+ヒオ両大会総合成績で劣るフルミネンセが敗退した。なお観客数はやはり同じ会場と同じクラシコでも必ずフラメンゴ主催試合の方が多く、43,035人だった。なお後日「セレソン・ド・カンピオナート」の監督にフルミネンセのジウベルト(LD)、フェルナンド・ジニス(監督)が選ばれた。これで2019年の州レベルの大会は全て終了した。
・4月10日 - マラカナンにてコパ・ド・ブラジウ3回戦セカンドレグ。ルヴェルデンセFCに2-0で勝利し、合計2-0で4回戦に勝ち進んだ。観衆5,970人。
・4月17日 - マラカナンにてコパ・ド・ブラジウ4回戦ファーストレグ。セリエC所属のサンタ・クルスFCにジウベルト、ルシアの得点で2-0と先勝。3部勢相手にしては多い19,026人が訪れた。
・4月25日 - レシフェのエスタジオ・ド・アフーダでコパ・ド・ブラジウ4回戦セカンドレグを戦った。サンタ・クルスFCに2-0で敗れ勝負はPK戦に突入、これを2-3で制してベスト16に進出。これ以降が本大会とみなされている。
・4月28日 - カンピオナート・ブライジレイロ・セリエA2019の開幕節の最終日にマラカナンでゴイアスECと対戦し、0-1で負け黒星スタートとなった。
・5月5日 - ブラジレイロン第3節。アウェイでグレーミオFBPAに4-5というスコアの乱戦を制して、今季リーグ初勝利を挙げた。観衆は8,390人。
・5月15日 - マラカナンでコパ・ド・ブラジウのR16第1戦クルゼイロ戦。終了間際にジョアン・ペドロが同点ゴールを決め、辛うじて引き分けた。
・5月23日 - マラカナンでスウ=アメリカーナ2回戦第1戦。相手はコパ・リベルタドーレス2019予選3回戦敗退組の成績最上位で移動してきたアトレティコ・ナシオナル。相手が名門だからなのか、平日のフルミネンセの試合にしては多い28,441人がマラカナンに集まった。試合はワトフォードFCに保有権売却済みの17歳ジョアン・ペドロ・ジュンケイラ・ヂ・ジェズスがハットトリックを決めるなど相手を圧倒し、4-1で先勝した。
・5月29日 - メデジンのエスタディオ・アタナシオ・ヒラルドでスウ=アメリカーナ2回戦第2戦。0-1で負けたが、合計4-2でベスト16に勝ち進んだ。これ以降が大会のファイナル・フェーズとなる。
・6月5日 - エスタジオ・ミネイロンでコパ・ド・ブラジウR16第2戦。またジョアン・ペドロが終了間際に合計3-3に追いつくゴールを決めたが、アウェイゴール制度が無いためPK戦に入った。後攻フルミネンセが2人目のカイオ・エンヒキ以外の3人がすべて失敗したのに対し、先攻クルゼイロは3人目から5人目が連続で成功。ベスト16での敗退が決まった。なお観衆は第1戦のマラカナンの倍以上の40,056人だった。
・コパ・アメリカ中断期 (6月14日 - 7月7日)
・7月15日 - 中断明け初戦、ブラジレイロン第10節でセアラーSCと1-1で引き分け。観衆は21,810人で、前日に同じマラカナンで行われたフラメンゴ対ゴイアスEC戦の6万越えにはるかに及ばなかった。
・7月23日 - エスタディオ・カンペオン・デル・シグロにて、コパ・スウ=アメリカーナR16第1戦を行いCAペニャロールに1-2と先勝した。ウルグアイの解説者も内容的に圧倒されたことを素直に認めるほど良い内容であった。
・7月30日 - マラカナンでペニャロールと第2戦。47分までに合計スコアを5-1まで広げる攻勢で大差をつけ、最終的に合計5-2で準々決勝進出を決めた。フルミネンセの5点中3点を元五輪代表のコロンビア人FWヨニー (ジョニー/ジョニ)・ゴンサレスが決めている。
・8月3日 - ブラジレイロン第13節。ホームでインテルナシオナウに2-1で勝ち、中断前から続いていた7試合未勝利のトンネルを脱出する。ヨニーが公式戦4試合連続ゴールを決めた。
・連敗と監督交代 (8月10日-20日) - 未勝利脱出後に上位のアトレチコ・ミネイロにアウェイで、そして下位CSAにもホームで敗れ暫定ながらもセリエB降格圏へと転落した。CSA戦の翌日にフェルナンド・ジニス監督を解任し、さらに翌日の8月20日には3か月前に浦和レッズから解任された、オズワルド・ヂ・オリヴェイラ・フィーリョと契約を結んだ。(記事) 相当な昔で参考にはならないが、オリヴェイラは鹿島の監督に就任する前に2度もフルミネンセを指揮しており、1期目の2001年シーズンにはまだ1ステージ制でなかったブラジレイロンのプレーオフでベスト4に進出している。最悪時セリエC降格さえ経験していた暗黒期から数年しか経っていないので、これは快挙だった。
・8月22日 - 監督交代発表からわずか数日後のミッドウィーク、コパ・スウ=アメリカーナ準々決勝第1戦をアウェイでコリンチャンスと戦い内容的に押され気味ながらも0-0で乗り切った。チームの指揮を執ったのは監督代行の「マルサン」こと、マルコ・アウレリオ・ヂ・オリヴェイラ(記事)で、2014年ごろから相当に長くフルミネンセのアシスタントコーチをしているOB。
・8月26日 - オズワルド・オリヴェイラが合流し、クラブハウスで長時間の記者会見を行った。あらためてフルミネンセとの結びつきの強さや愛着、今の残留争いという状況をどう乗り切るのか、そしてスウ=アメリカーナへの野心についても語った。(公式)
・8月29日 - マラカナンでコリンチャンスと対戦、オリヴェイラが就任後初めてベンチから指揮を執った。1-1で引き分けアウェイゴール0-1でコパ・スウ=アメリカーナ敗退が決定した。これでフルミネンセが戦っている大会はブラジレイロンだけになった。
・9月1日 - ブラジレイロン第17節。マラカナンで0-1で敗れ最下位アヴァイーFCに今季初勝利を献上。第16節パウメイラス戦が延期された為、ジニス監督解任前の第15節から3連敗を喫した。


翻訳元最終履歴
pt.wikipedia:Temporada do Fluminense Football Club de 2019 00h02min de 12 de agosto de 2019 (UTC)

・ 1948-49ウルグアイサッカー選手組合ストライキ - 1950年ワールドカップ王者の知られざる内戦