2019 US Soccer Overview

#VWFC #VamosOrlando #NYCFC #IMFC #MNUFC #LAFC #DCU #Rapids96 #FcCincy #RCTID


ブラジル関連記事総合案内


CONCACAF CL2019:まだまだ長い大陸制覇への道

2019MLSサポーターズ・シールドと東西地区総合順位表

2019MLSレギュラーシーズン平均観客動員数

2019ラマー・ハントUSオープンカップ

2019MLSカップ&プレーオフズ


まだまだ長い北中米カリブ海制覇への道

CONCACAFチャンピオンズカップ時代から数えて第54回目の北中米カリブ海No.1クラブを決める大会、CONCACAFチャンピオンズリーグ2019は今年も2月19日から5月1日という駆け足のスケジュールで短期消化された。1998年のDCユナイテッド、2000年のLAギャラクシーの2回しか優勝経験の無い米国勢にとって、いや他の北中米カリブ海の国にとっても同じことが言えるが、とにかくメキシコの永遠にも感じられる長い長い覇権を破る事は、いずれ通らなければならない道。今季は2018MLSカップを制した米国王者アトランタ・ユナイテッドFC、レギュラーシーズン東西両地区総合最多勝ち点「サポーターズ・シールド」を獲得したニューヨーク・レッドブルズ、2018ラマー・ハントUSオープンカップ優勝のヒューストン・ダイナモ、2017年の同大会優勝スポルティング・カンザスティの4クラブが出場。

シーズンを通しての安定感では最も優れていたはずのNYレッドブルズは、初戦でパナマのアトレティコ・パントハを下し準々決勝に進むも、強敵サントス・ラグーナに合計2-6で「順当負け」した。王者アトランタは初戦でコスタリカの名門CSエレディアノに合計5-3で競り勝つも、準々決勝でリーガMX前期準優勝のモンテレイに合計1-3で敗れた。さて、あとはカップ戦王者のみ。ヒューストンは初戦グアテマラのCDグアスタトヤを合計3-1で下したが、こちらも強敵のティグレスUANLに0勝2敗・合計スコア0-3でストレート負けした。残る一角カンザスシティは、初戦でトルーカ合計5-0で胸のすくような大差で勝ち、今大会米国勢で唯一メキシコのクラブを蹴落とした。さらに準々決勝ではパナマのアトレティコ・インデペンディエンテを合計4-2で下し準決勝に辿り着いた。が、ここで最終的に優勝(4回目)するモンテレイに合計2-10の虐殺を喰らい全滅した。優勝に手が届く所まで行くことさえも難しい。いまだメキシコの壁は厚すぎる。アメフトや野球やバスケに比べて年俸が安いとか、そういう事が問題じゃない。いつまもライバルに負け続けている情けない姿を見て、少年達は本当にサッカー選手になりたいと思うだろうか。かつて隣の国に大事なところで常に負け続けていた日本代表の姿、ACLで毎年早期敗退していたJクラブを知る世代の皆さん。この壁を米国が越えるまで、ひとつ親近感を持って見守ってあげては?
     

 

成績表

クラブ

P

勝率

1

Bandera de México CFモンテレイ

17

8

5

2

1

16

4

12

70.83%

2

Bandera de México ティグレスUANL

13

8

4

1

3

14

7

7

54.17%

3

Bandera de México サントス・ラグーナ

15

6

5

0

1

20

9

11

83.33%

4

Bandera de Estados Unidos スポルティング・カンザスティ

9

6

3

0

3

11

12

-1

50%

5

Bandera de Panamá インデペンディエンテ・デ・ラ・チョレーラ

7

4

2

1

1

7

5

2

58.33%

6

Bandera de Estados Unidos ニューヨーク・レッドブルズ

6

4

2

0

2

7

6

1

50%

7

Bandera de Estados Unidos アトランタ・ユナイテッドFC

6

4

2

0

2

6

6

0

50%

8

Bandera de Estados Unidos ヒューストン・ダイナモ

6

4

2

0

2

3

4

-1

50%

9

Bandera de Costa Rica CSエレディアノ

3

2

1

0

1

3

5

-2

50%

10

Bandera de Costa Rica デポルティーボ・サプリサ

3

2

1

0

1

2

5

-3

50%

11

Bandera de El Salvador アリアンサFC

1

2

0

1

1

0

1

-1

16.67%

12

Bandera de Canadá トロントFC

1

2

0

1

1

1

5

-4

16.67%

13

Bandera de Guatemala CDグアスタトヤ

0

2

0

0

2

1

3

-2

0%

14

Bandera de República Dominicana アトレティコ・パントハ

0

2

0

0

2

0

5

-5

0%

15

Bandera de México トルーカ

0

2

0

0

2

0

5

-5

0%

16

Bandera de Honduras CDマラトン

0

2

0

0

2

2

11

-9

0%

得点ランキング

ソース:CONCACAF

順位

選手

出場 ()

平均

所属

1

Bandera de Ecuador エネル・バレンシア

7

8 (697')

0.88

Bandera de México ティグレスUANL

2

Bandera de Argentina フリオ・フルチ

5

6 (477')

0.83

Bandera de México サントス・ラグーナ

=

Bandera de Argentina ニコラス・サンチェス

5

8 (630')

0.63

Bandera de México モンテレイ

4

Bandera de Hungría クリシュティアン・ネメト

4

6 (414')

0.67

Bandera de Estados Unidos カンザスシティ

=

Bandera de Guinea-Bisáu ジェルソ・フェルナンデス

4

6 (448')

0.67

Bandera de Estados Unidos カンザスシティ

アシストランキング

ソース:CONCACAF

順位

選手

アシ

出場 ()

平均

所属

1

Bandera de Colombia ディンネル・キニョネス

2

4 (144')

0.5

Bandera de México サントス・ラグーナ

=

Bandera de Colombia マルロス・モレーノ

2

4 (239')

0.5

Bandera de México サントス・ラグーナ

=

Bandera de Guinea-Bisáu ジェルソ・フェルナンデス

2

4 (258')

0.5

Bandera de Estados Unidos カンザスシティ

=

Bandera de Argentina エセキエル・バルコ

2

4 (315')

0.5

Bandera de Estados Unidos アトランタUtd

=

Bandera de Austria ダニエル・ロイアー

2

4 (347')

0.5

Bandera de Estados Unidos NYレッドブルズ

 
フェアプレー賞:スポルティング・カンザスティ
ベストイレブン:メキシコ勢の選手が独占。
  
翻訳元最終更新履歴
en.wikipedia:2019 CONCACAF Champions League 02:54, 31 October 2019‎ (UTC)
es.wikipedia:Liga de Campeones de la Concacaf 2019 00:06 6 oct 2019‎(UTC)
fr.wikipedia:Ligue des champions de la CONCACAF 2019 9 novembre 2019 à 17:08‎ (UTC) 

サポーターズ・シールドと東西地区総合順位表

アメリカ合衆国に正しいルールのアソシエーション・フットボールが伝わってから約150年、米国サッカー連盟がFIFAに加盟してから106年。大小様々なプロリーグの興亡の末に産まれた現代の北米プロサッカーリーグ第24回、2019メジャーリーグサッカーが2月29日に開幕した。新規参入シンシナティFCを加えた米国とカナダの24クラブを東地区と西地区に分け、同地区クラブと2回・別地区クラブと1回対戦し合計34節のレギュラーシーズンを3月2日から10月6日まで戦う。所属地区の7位以上がMLSカップ・プレーオフズに進出する(後述)。このレギュラーシーズンの東西総合成績1位が「サポーターズ・シールド」を獲得、まずリーグ戦からのCONCACAFチャンピオンズリーグ出場権を得る。もう片方の地区1位が第2のCCL出場権を、続いてその2クラブに続く東西総合3位も第3出場権を獲得。大陸選手権に出られる3つの切符はここで確定し、プレーオフ以降は純粋にMLS内部の争いとなる。ラマー・ハント・USオープンカップに関しては後述。

2020年シーズンのクラブとスタジアム

[N]:ノン・サッカー・スペシフィック・スタジアム。サッカーにも使えるが、アメリカン・フットボール、カナディアン・フットボール、ラグビー、野球の試合にも使用される。種目によってスタンドを人工的に可変させるため、下表の収容人数はサッカー試合開催時に限った数字。野球やアメフトとの動員力の違いを計算に入れた節約策でもあり、そのぶん動員率パーセンテージを上げる狙いが込められている。一方でポートランドのようにスタジアムを拡張した例もある(出典1/2)。

東地区 (イースタン・カンファレンス)

チーム

ホームスタジアム

キャパ

アトランタ・ユナイテッドFC

メルセデス=ベンツ・スタジアム[N]

71,000

シカゴ・ファイアーFC

シートギーク・スタジアム

20,000

FCシンシナティ

ニッパート・スタジアム[N]

32,250

コロンバス・クルーSC

マフレー・スタジアム

19,968

DCユナイテッド

アウディ・フィールド

20,000

モントリオール・インパクト

サプト・スタジアム

20,801

ニューイングランド・レヴォリューション

ジレット・スタジアム[N]

20,000

ニューヨーク・シティFC

ヤンキー・スタジアム[N]

30,321

ニューヨーク・レッドブルズ

レッドブル・アリーナ(ニュージャージー)[N]

25,000

オーランド・シティSC

エクスプロライア・スタジアム

25,500

フィラデルフィア・ユニオン

テイレン・エナジー・スタジアム

18,500

トロントFC

BMOフィールド

30,000

 

西地区 (ウェスタン・カンファレンス)

チーム

ホームスタジアム

キャパ

コロラド・ラピッズ

ディックズ・スポーティング・グッズ・パーク

18,061

FCダラス

Toyotaスタジアム

20,500

ヒューストン・ダイナモ

BBVAスタジアム

22,039

LAギャラクシー

ディグニティ・ヘルス・スポーツパーク

27,000

ロサンゼルスFC

バンク・オブ・カリフォルニア・スタジアム

22,000

ミネソタ・ユナイテッドFC

アリアンツ・フィールド

19,400

ポートランド・ティンバーズ

プロヴィデンス・パーク

25,218

レアル・ソルトレイク

リオ・ティント・スタジアム

20,213

サンノゼ・アースクエイクス

Avayaスタジアム

18,000

シアトル・サウンダーズFC

センチューリンク・フィールド[N]

39,419

スポルティング・カンザスティ

チルドレンズ・マーシー・パーク

18,467

バンクーバー・ホワイトキャップスFC

BCプレイス[N]

22,120

 

2020年シーズンのクラブデータ

 

東地区順位

チーム

P

クオリフィケーション

1

ニューヨークCFC

34

18

6

10

63

42

+21

64

2019MLSカップ・プレイーフズ東地区準決勝 & 2020CONCACAFチャンピオンズリーグ

2

アトランタ

34

18

12

4

58

43

+15

58

プレーオフズ1回戦 & 2020CONCACAFチャンピオンズリーグ

3

フィラデルフィア

34

16

11

7

58

50

+8

55

プレーオフズ1回戦 & 2020リーグス・カップ (後述)

4

トロントFC

34

13

10

11

57

52

+5

50

5

DCユナイテッド

34

13

10

11

42

38

+4

50

6

NYレッドブルズ

34

14

14

6

53

51

+2

48

7

ニューイングランド

34

11

11

12

50

57

−7

45

プレーオフズ1回戦

8

シカゴ

34

10

12

12

55

47

+8

42

 

9

モントリオール

34

12

17

5

47

60

−13

41

2020CONCACAFチャンピオンズリーグ

10

コロンバス

34

10

16

8

39

47

−8

38

 

11

オーランド

34

9

15

10

44

52

−8

37

12

シンシナティ

34

6

22

6

31

75

−44

24

ソース: MLS
順位決定方法: 1) 勝ち点; 2) 勝利数; 3) 得失点差; 4) 総得点; 5) フェアプレー・ポイント; 6) アウェイゲーム得失点差; 7) アウェイゴール数 ; 8) ホームゴール数; 9) ホームゲーム得失点差; 10) コイントスまたは籤引き
CCL出場権に関して:
アトランタ・ユナイテッドFC:2019USオープンカップ優勝資格
カナダのクラブ:加盟組織が異なるのでMLSからCONCACAFチャンピオンズリーグに出場できない。
モントリオール・インパクト:カナディアン・チャンピオンシップ2019優勝資格

西地区最終順位

チーム

P

クオリフィケーション

1

ロサンゼルスFC

34

21

4

9

85

37

+48

72

2019MLSカップ・プレーオフズ西地区準決勝 & 2020CONCACAFチャンピオンズリーグ

2

シアトル

34

16

10

8

51

49

+2

56

プレーオフズ1回戦 & 2020CONCACAFチャンピオンズリーグ

3

ソルトレイク

34

16

13

5

45

41

+4

53

プレーオフズ1回戦 & 2020リーグス・カップ(後述)

4

ミネソタ

34

15

11

8

52

42

+10

53

5

LAギャラクシー

34

16

15

3

56

55

+1

51

6

ポートランド

34

14

13

7

49

48

+1

49

7

FCダラス

34

13

12

9

48

46

+2

48

プレーオフズ1回戦

8

サンノゼ

34

13

16

5

51

52

−1

44

 

9

コロラド

34

12

16

6

57

60

−3

42

10

ヒューストン

34

12

18

4

45

57

−12

40

11

カンザスシティ

34

10

16

8

49

61

−12

38

12

バンクーバー

34

8

16

10

37

58

−21

34

ソース: MLS
順位決定方法: 上に同じ
CCL出場権に関して:
シアトル:地区1位とアトランタ以外のクラブの中の最多勝ち点
カナダのクラブ:MLSからCONCACAFチャンピオンズリーグに出場はできない。

東西総合順位表

チーム

Pld

W

L

T

GF

GA

GD

Pts

CONCACAFチャンピオンズリーグ出場理由

1

ロサンゼルスFC

34

21

4

9

85

37

+48

72

サポーターズ・シールド獲得

2

ニューヨーク・シティ

34

18

6

10

63

42

+21

64

地区1位

3

アトランタ

34

18

12

4

58

43

+15

58

2019ラマー・ハントUSオープンカップ優勝

4

シアトル

34

16

10

8

52

49

+3

56

サポーターズ・シールド・地区1位以外の最多勝ち点

5

フィラデルフィア

34

16

11

7

58

50

+8

55

 

6

ソルトレイク

34

16

13

5

46

41

+5

53

7

ミネソタ

34

15

11

8

52

43

+9

53

8

LAギャラクシー

34

16

15

3

58

59

−1

51

9

トロントFC

34

13

10

11

57

52

+5

50

10

DCユナイテッド

34

13

10

11

42

38

+4

50

11

ポートランド

34

14

13

7

52

49

+3

49

12

NYレッドブルズ

34

14

14

6

53

51

+2

48

13

FCダラス

34

13

12

9

54

46

+8

48

14

ニューイングランド

34

11

11

12

50

57

−7

45

15

サンノゼ

34

13

16

5

52

55

−3

44

16

コロラド

34

12

16

6

58

63

−5

42

17

シカゴ

34

10

12

12

55

47

+8

42

18

モントリオール

34

12

17

5

47

59

−12

41

2019カナディアン・チャンピオンシップ優勝

19

ヒューストン

34

12

18

4

49

59

−10

40

 

20

コロンバス

34

10

16

8

39

47

−8

38

21

カンザスシティ

34

10

16

8

49

67

−18

38

22

オーランド

34

9

15

10

44

52

−8

37

23

バンクーバー

34

8

16

10

37

59

−22

34

24

シンシナティ

34

6

22

6

31

75

−44

24


ソース: MLS

初のサポーターズ・シールド獲得を喜ぶロサンゼルスFC

2019レギュラーシーズン平均観客動員数

このデータは10月6日時点のもので、必然的にMLSカップ・プレーオフズの値を含んでいない。世界7位リーガMX2019-20前期レギュラーシーズンの平均22,795人に次いで南北アメリカ大陸で2番目に多く、世界全体のドメスティックリーグの中で(発表時点において)第8位。なおワールドフットボールは更に多い平均21,311人という数字を出している(出典)。

チーム

ホームゲーム試合数

総数

最高

最低

平均

1

アトランタ・ユナイテッドFC

17

892,663

72,548

42,537

52,510

2

シアトル・サウンダーズFC

17

684,192

50,072

37,722

40,247

3

FCシンシナティ

17

464,720

32,250

25,095

27,336

4

ポートランド・ティンバーズ

17

428,706

25,218

25,218

25,218

5

トロントFC

17

425,816

28,989

22,651

25,048

6

LAギャラクシー

17

394,477

27,088

19,015

23,205

7

オーランド・シティSC

17

386,940

25,527

22,341

22,761

8

ロサンゼルスFC

17

378,265

22,757

22,001

22,251

9

ニューヨーク・シティFC

17

358,820

28,895

18,113

21,107

10

ミネソタ・ユナイテッドFC

17

335,291

19,906

19,600

19,723

11

バンクーバー・ホワイトキャップスFC

17

331,745

27,837

16,138

19,514

12

サンノゼ・アースクエイクス

17

319,272

50,850

15,232

18,781

13

スポルティング・カンザスティ

17

316,211

19,979

17,083

18,601

14

レアル・ソルトレイク

17

308,050

20,838

15,949

18,121

15

DCユナイテッド

17

301,644

20,600

12,521

17,744

16

ニューヨーク・レッドブルズ

17

293,769

20,128

11,115

17,281

17

フィラデルフィア・ユニオン

17

290,883

19,145

12,890

17,111

18

ニューイングランド・レヴォ

17

284,535

28,602

9,422

16,737

19

モントリオール・インパクト

17

258,560

19,619

11,996

16,171

20

ヒューストン・ダイナモ

17

266,464

21,777

12,601

15,674

21

コロンバス・クルーSC

17

250,424

20,865

9,687

14,856

22

FCダラス

17

252,313

19,096

11,911

14,842

23

コロラド・ラピッズ

17

242,833

16,998

10,794

14,284

24

シカゴ・ファイアーSC

17

209,516

18,232

6,074

12,324

 

リーグ全体

408

8,676,109

72,548

6,074

21,265

移籍交渉権ランキング

これはMLS移籍交渉リストに入った選手と、毎年1月のMLSスーパードラフト及びシーズン中の移籍市場で優先的に交渉する権利のランキングである。米国代表に選ばれている選手、他国のリーグからリストに入った選手には最低50万ドルの移籍金支払いが義務とされている。ランキングは毎年シーズン終了後にプレーオフの成績なども加味して作成されるが、エクスパンションで新たに入ったクラブは必ず優先交渉権1位になれる。ただしランキングを1回でも行使すると最下位になる。また選手譲渡、次回スーパードラフト優先順位を落とす事、ドラフト共済金納付などを引き換えに他クラブと交渉権ランキングの交換を行うことが出来る。ランキングはシーズン終了時に必ずリセットされる。

最初

現在

クラブ

ランキング行使日

獲得選手

前所属

2

1

サンノゼ

 

 

 

7

2

ミネソタ

 

 

 

8

3

ヒューストン

 

 

 

9

4

ニューイングランド

 

 

 

5

5

シカゴ・ファイアー

 

 

 

11

6

バンクーバー

 

 

 

3

7

オーランド・シティ

 

 

 

13

8

フィラデルフィア

 

 

 

4

9

コロラド・ラピッズ

 

 

 

15

10

FCダラス

 

 

 

16

11

ロサンゼルスFC

 

 

 

17

12

レアル・ソルトレイク

 

 

 

18

13

コロンバス・クルー

 

 

 

19

14

ニューヨーク・シティ

 

 

 

20

15

シアトル

 

 

 

21

16

カンザスシティ

 

 

 

22

17

NYレッドブルズ

 

 

 

23

18

ポートランド

 

 

 

24

19

アトランタUtd

 

 

 

1

20

FCシンシナティ

 

 

 

12

21

LAギャラクシー

2019年4月11日 (1)

Costa Rica ジャンカルロ・ゴンサレス

Italy ボローニャ

6

22

トロントFC

2018年12月27日 (1)

Belgium ローラン・シマン

France ディジョンFC

6

22

トロントFC

2019年7月9日 (1)

United States オマー・ゴンザレス

Mexico パチューカ

14

23

DCユナイテッド

A2019年8月7日 (1)

Norway オラ・カマラ

China 深圳市足球俱乐部

10

24

モントリオール

2019年8月7日 (1)

Canada バル・タブラ

Spain FCバルセロナB

・初期順位6位だったトロントFCは2018年12月10日に、2位のサンノゼ・アースクエイクスとランキング交換を行った。75,000ドルのドラフト共済金、及び任意の順位を得る為の代金として更にもう75,000ドルを支出した。またトロントFCは2018年12月27日、新規参入のため1位であるシンシナティFCとランキングを交換。代償として2019スーパードラフトの初期順位30位をシンシナティに譲渡した。2019年1月23日、交渉権24位だったトロントは2019年分のドラフト共済金150,000ドル、2020年分の50,000ドル、特定順位獲得代金10,0000ドルを支払い、DFニック・ハグルンドを譲渡して1位のシンシナティFCとランキングを交換した。この結果、ディジョンFCのローラン・シマンとパチューカのオマー・ゴンザレス獲得に成功した。(出典1/2/3)
LAギャラクシーは2019年4月11日、オーランド・シティSCの持つ交渉権2位を得る為に2019年分の特定順位獲得代金30万ドルと2020年分の特定順位獲得代金10万ドルを支払った。さらに2020年スーパードラフトの第1順目を放棄する事と引き換えにトロントFCの持っていた交渉権1位を手に入れ、ボローニャ所属のコスタリカ人CBジャンカルロ・ゴンサレス獲得に成功した。
2019年8月7日、当時交渉権11位だったDCユナイテッドはコロラド・ラピッズが持っていた11位と交換するために2019年共済金10万ドルと2020年分共済金10万ドルを一度に支払った。この結果、ノルウェー代表FWオラ・カマラの獲得に成功した(出典)。
2019年8月7日、当時交渉権6位だったモントリオール・インパクトはシカゴ・ファイアーSCが持っていた1位と交換するためにウガンダ人MFマイケル・アジーラ、2020年スーパードラフト第2巡目を放棄した。この結果、FCバルセロナBの叶人バル・タブラの期限付き移籍での獲得に成功した(出典)。
翻訳元最終更新履歴
en.wikipedia:2019 Major League Soccer season 16:10, 11 November 2019‎ (UTC)
ar.wikipedia:الدوري الأمريكي لكرة القدم 2019  09:21، 14 نوفمبر 2019 (UTC)
bs.wikipedia:Major League Soccer 2019. 14:40, 5 mart 2019 (UTC)
de.wikipedia:Major League Soccer 2019 18:56, 13. Nov. 2019 (UTC)
es.wikipedia:Major League Soccer 2019 13:45 11 nov 2019‎ (UTC)
fr.wikipedia:Major League Soccer 2019 ‎14 novembre 2019 à 15:36‎ (UTC)
it.wikipedia:Major League Soccer 2019 12:41, 14 nov 2019‎ (UTC)
ro.wikipedia:Major League Soccer 2019 12 noiembrie 2019 23:25‎‎ (UTC)
ru.wikipedia:MLS 2019 14:30, 14 ноября 2019‎‎ (UTC)
sv.wikipedia:Major League Soccer 2019 11 november 2019 kl. 08.32‎‎ (UTC)
th.wikipedia:เมเจอร์ลีกซอกเกอร์ ฤดูกาล 2019 17:01, 13 กันยายน 2562‎ (UTC)

2019ラマー・ハントUSオープンカップ

開催国

アメリカ合衆国

出場クラブ数

84

チャンピオン

アトランタ・ユナイテッドFC
(初優勝)

ランナーズアップ

ミネソタ・ユナイテッドFC

試合数

52

総ゴール数

167 (平均3.21)

得点王

ダルウィン・キンテーロ (6 点)

← 2018ラマー・ハントUSオープンカップ

2020ラマー・ハントUSオープンカップ →

第106回目のUSオープンカップ。100年以上にわたり、ピラミッド型リーグ構造を作らずパラレルワールド型に複数プロリーグが併存するのが当たり前の米国において、違うリーグのクラブが公式戦で顔を合わせる唯一の機会であった。米国サッカー連盟(USSF)と全米社会人サッカー協会に加盟しているクラブは全て出場可能。近年USSFが各リーグ間に昇降格システムを設けないままランク付けし、ピラミッド型構造が急速に出来上がりつつある。ゆえに、トップリーグに相当するMLSのスカウティング・スタッフにおいてはスーパードラフトに乗せる別リーグの有望選手を探す機会であり、エクスパンション候補となるクラブと対戦する機会でもある。そして各時代のリーグの歴史が短い米国では、このカップ戦は唯一FIFA加盟以降途切れず続いてきたアメリカンサッカー最古にして唯一の大会である。
2019年大会はメジャーリーグサッカーからカナダ勢3クラブを除いた21クラブ、USLリーグ・ワンから6クラブが出場。予選は2018年から2019年初頭まで行われ、ローカル・アマチュアリーグから7クラブの出場が決まった。USLリーグ・トゥーから10クラブ、ナショナル・プレミア・サッカーリーグから14クラブが2018年シーズンの成績に基づいて出場権を得た。最後にナショナル・アマチュカップ優勝のミルウォーキー・バーヴァリアンSCが招待され84クラブが揃った。

 

各州の出場クラブ

 

クラブ

1

 カリフォルニア

11

アカデミアSC, カルFC, エル・フロリートSC, FCゴールデンステート・フォース, フレスノFC, LAギャラクシー, ロサンゼルスFC, オレンジ・カウンティFC, オレンジ・カウンティSC, サクラメント・リパブリックFC, サンノゼ・アースクエイクス

2

 テキサス

9

オースチン・ボールドFC, ブラゾス・ヴァレー・キャヴァリーFC, エル・パソ・ロコモーティヴFC, FCダラス, ラレド・ヒート, ミッドランド=オデッサ・ソッカーズFC, NTXラヤードス, サン・アントニオFC, ヒューストン・ダイナモ

3

 フロリダ

6

フロリダ・サッカー・ソルジャーズ, レイクランド・トロピクス, マイアミFC, オーランド・シティSC, タンパベイ・ロウディーズ, ザ・ヴィレッジズSC

 ペンシルバニア

エリー・コモドーレスFC, フィラデルフィア・ローンスターFC, フィラデルフィア・ユニオン, ピッツバーグ・リヴァーハウンズSC, リーディング・ユナイテッドAC, ウェスト・チェスター・ユナイテッドSC

5

 コロラド

3

コロラド・ラピッズ, コロラド・スプリングス・スウィッチバックスFC, FCデンヴァー

 ジョージア

アトランタ・ユナイテッドFC, サウスジョージア・トーメンタFC, サウスジョージア・トーメンタFC2

 ニュージャージー

FCモータウン, ニューヨーク・レッドブルズ, ニューヨーク・レッドブルズU23

 オハイオ

コロンバス・クルーSC, ダイトン・ダッチ・ライオンズ, FCシンシナティ

 テネシー

チャタヌーガ・レッドウルヴスSC, メンフィス901FC, ナッシュヴィルSC

10

 マサチューセッツ

2

ブラック・ロックFC, ニューイングランド・レヴォリューション

 ミシガン

AFCアン・アーバー, ランシング・イグナイトFC

 ミネソタ

ドゥルスFC, ミネソタ・ユナイテッドFC

 ネヴァダ

ラスベガス・ライツFC, レノ1868FC

 ニューヨーク

ニューヨーク・シティFC, ニューヨーク・コスモスB

 ノースカロライナ

シャーロット・インデペンデンス, ノース・カロライナFC

 オクラホマ

オクラホマシティ・エナジーFC, トゥルサ・ラフネックスFC

 オレゴン

FCムルハウス・ポートランド, ポートランド・ティンバーズ

 サウスカロライナ

チャールストン・バッテリー, グレーンヴィル・トリウンフsc

 ヴァージニア

リッチモンド・キッカーズ, ヴァージニア・ユナイテッドFC

 ウィスコンシン

フォワード・マディソンFC, ミルウォーキー・バーヴァリアンSC

21

 アラバマ

1

バーミンガム・レジオンFC

 アリゾナ

フェニックス・ライジングFC

 アーカンサス

リトルロック・レインジャーズ

 コネチカット

ハートフォード・アスレチック

 コロンビア連邦区

DCユナイテッド

 イリノイ

シカゴ・ファイアーSC

 インディアナ

インディー・イレヴン

 アイオワ

デモイン・メネイズ

 カンザス

スポルティング・カンザスティ

 ケンタッキー

ルイヴィル・シティFC

 メリーランド

FCボルティモア

 ミズーリ

セントルイスFC

 ニューメキシコ

ニューメキシコ・ユナイテッド

 ユタ

レアル・ソルトレイク

 ワシントン

シアトル・サウンダーズFC

 

出場クラブが無かった州(16): アラスカ, デラウェア, ハワイ, アイダホ, ルイジアナ, メイン, ミシシッピ, モンタナ, ネブラスカ, ニューハンプシャー, ノースダコタ, ロードアイランド, サウスダコタ, ヴァーモント, ウェストバージニア, ワイオミング

 

1回戦

期間:2019年5月7日 - 8日
出場クラブ:NPSL4,USLT10, USLO6
組み合わせ抽選会:2019年4月10日

5/7

リッチモンド・キッカーズ (USL1)

6–2

ヴァージニア・ユナイテッド (LQ)

ヴァージニア州リッチモンド

5/7

レイクランド・トロピクス (USL2)

1–1 (a.e.t.)
(7–8 p)

ザ・ヴィレッジズSC (USL2)

フロリダ州オーバーンデイル

5/7

ニューヨーク・レッドブルズU23 (USL2)

4–4 (a.e.t.)
(5–3 p)

FCモータウン (NPSL)

ニュージャージー州モントクレア

5/7

FCボルティモア・クリストズ (NPSL)

1–1 (a.e.t.)
(4–5 p)

ウェスト・チェスター・ユナイテッド (LQ)

メリーランド州ボルティモア

5/7

サウスッジョージア・トーメンタFC2 (USL2)

3–0

チャタヌーガ・レッドウルヴスSC (USL1)

ジョージア州ステイツボロ

5/7

ミルウォーキー・バーヴァリアンSC (LQ)

0–2

フォワード・マディソンFC (USL1)

ウィスコンシン州ミルウォーキー

5/7

ラレド・ヒートSC (NPSL)

1–0

ブラゾス・ヴァレー・キャバリーFC (USL2)

テキサス州ラレド

5/7

アカデミカSC (LQ)

1–2

エル・フロリトSC (NPSL)

カリフォルニア州ターロック

5/7

カルFC (LQ)

5–1

FCミルハウス・ポートランド (NPSL)

カリフォルニア州アーヴァイン

5/7

オレンジ・カウンティFC (NPSL)

2–0

FCゴールデンステート・フォース(USL2)

カリフォルニア州アーヴァイン

5/8

エリー・コモドーレスFC (NPSL)

1–2

デイトン・ダッチ・ライオンズ (USL2)

ペンシルバニア州エリー

5/8

リーディング・ユナイテッドFC (USL2)

2–1

フィラデルフィア・ローンスターFC (NPSL)

ペンシルバニア州リーディング

5/8

グリーンビル・トリウンフFC (USL1)

1–0

サウスジョージア・トーメンタFC (USL1)

サウスカロライナ州グリーンヴィル

5/8

マイアミFC (NPSL)

1–2

フロリダ・サッカーソルジャーズ (LQ)

フロリダ州マイアミ・ショアーズ

5/8

ニューヨーク・コスモスB (NPSL)

2–1

ブラック・ロックFC (USL2)

ニューヨーク市マンハッタン区

5/8

リトルロック・レインジャーズ (NPSL)

2–2 (a.e.t.)
(2–4 p)

NTXラヤードス (LQ)

アーカンザス州リトルロック

5/8

デモイン・メネイズ (USL2)

1–1 (a.e.t.)
(3–1 p)

ドゥルスFC (NPSL)

アイオワ州アーバンデイル

5/8

ミッドランド=オデッサ・ソッカーズFC (NPSL)

1–2

FCデンヴァー (LQ)

テキサス州ミッドランド

5/8

ランシング・イグナイトFC (USL1)

2–1

AFCアン・アーバー (NPSL)

ミシガン州ランシング

2回戦

期間:5月14日 - 15日
組合せ発表:4月17日
備考:USLチャンピオンシップ所属同士の対戦は、勝ち残っている25クラブのうち6クラブのみ回避できる。対戦カードはホームタウンの地理的な近さを重視して決められた。

5/14

シャーロット・インデペンデンス (USLC)

2–2 (a.e.t.)
(4–5 p)

フロリダ・サッカー・ソルジャーズ (LQ)

ノースカロライナ州マシューズ

5/14

ピッツバーグ・リヴァーハウンズSC (USLC)

3–0

デイトン・ダッチ・ライオンズ (USL2)

ペンシルベニア州ピッツバーグ

5/14

タンパベイ・ロウディーズ (USLC)

4–1

ザ・ヴィレッジズSC (USL2)

フロリダ州セントピーターズバーグ

5/14

ハートフォード・アスレチック (USLC)

2–1

ニューヨーク・コスモスB (NPSL)

コネチカット州ハートフォード

5/14

ナッシュヴィルSC (USLC)

3–2

サウスッジョージア・トーメンタSC2 (USL2)

テネシー州マーフリーズボロ

5/14

OKCエナジーFC (USLC)

3–1

NTXラヤードス (LQ)

オクラホマ州ノーマン

5/14

オースチン・ボールドFC (USLC)

2–0

トゥルサ・ラフネックスFC (USLC)

テキサス州デル・バッレ

5/14

サン・アントニオFC (USLC)

2–0

ラレド・ヒート (NPSL)

テキサス州サン・アントニオ

5/14

ラス・ヴェガス・ライツFC (USLC)

2–0

カルFC (LQ)

ネヴァダ州ラスベガス

5/15

エル・ファロリトSC (NPSL)

0–1

フレスノFC (USLC)

カリフォルニア州サン・フランシスコ

5/15

インディー・イレヴン (USLC)

1–0

ランシング・イグナイトFC (USL1)

インディアナ州インディアナポリス

5/15

ノースカロライナFC (USLC)

4–1

リッチモンド・キッカーズ (USL1)

ノースカロライナ州ケイリー

5/15

ルイヴィル・シティFC (USLC)

3–0

リーディング・ユナイテッドAC (USL2)

ケンタッキー州ルイヴィル

5/15

グリーンヴィル・トリウンフSC (USL1)

1–2

チャールストン・バッテリー (USLC)

サウスカロライナ州グリーンヴィル

5/15

メンフィス901FC (USLC)

3–1

ニューヨーク・レッドブルズU23 (USL2)

テネシー州メンフィス

5/15

バーミングハム・レジオンFC (USLC)

4–1

ウェスト・チェスター・ユナイテッド (LQ)

アラバマ州バーミングハム

5/15

デモイン・メネイズ (USL2)

1–1 (a.e.t.)
(1–3 p)

セントルイスFC (USLC)

アイオワ州デモイン

5/15

エル・パソ・ロコモーティヴFC (USLC)

0–3

フォワード・マディソンFC (USL1)

テキサス州エルパソ

5/15

コロラドスプリングス・スウィッチバックスFC (USLC)

1–0

FCデンヴァー (LQ)

コロラド州コロラドスプリングス

5/15

フェニックス・ライジングFC (USLC)

2–2 (a.e.t.)
(3–4 p)

ニューメキシコ・ユナイテッド (USLC)

アリゾナ州テンピ

5/15

サクラメント・リパブリックFC (USLC)

1–0

レノ1868FC (USLC)

カリフォルニア州サクラメント

5/15

オレンジ・カウンティSC (USLC)

2–2 (a.e.t.)
(3–5 p)

オレンジ・カウンティFC (NPSL)

カリフォルニア州アーヴァイン

3回戦

期間:5月28日 - 29日
組合せ発表:5月22日
備考:対戦カードはホームタウンの距離の近さを考慮して決められた。

5/28

OKCエナジーFC (USLC)

4–3

タンパベイ・ロウディーズ (USLC)

オクラホマ州ノーマン

5/29

ノースカリフォルニアFC (USLC)

1–0

フロリダ・サッカー・ソルジャーズ (LQ)

ノースカロライナ州ケイリー

5/29

ピッツバーグ・リヴァーハウンズSC (USLC)

1–0

インディー・イレヴン (USLC)

ペンシルバニア州ピッツバーグ

5/29

ルイヴィル・シティFC (USLC)

1–0

バーミングハム・レジオンFC (USLC)

ケンタッキー州ルイヴィル

5/29

セントルイスFC (USLC)

3–1

フォワード・マディソンFC (USL1)

ミズーリ州フェントン

5/29

メンフィス901FC (USLC)

4–0

ハートフォード・アスレチック (USLC)

テネシー州メンフィス

5/29

ナッシュヴィルSC (USLC)

1–1 (a.e.t.)
(0–3 p)

チャールストン・バッテリー (USLC)

テネシー州マーフリーズボロ

5/29

オースチン・ボールドFC (USLC)

4–2

サン・アントニオFC (USLC)

テキサス州デルヴェイリー

5/29

コロラドスプリングス・スウィッチバックス (USLC)

1–2 (a.e.t.)

ニューメキシコ・ユナイテッド (USLC)

コロラド州コロラドスプリングス

5/29

サクラメント・リパブリックFC (USLC)

1–0 (a.e.t.)

フレスノFC (USLC)

カリフォルニア州サクラメント

5/29

ラスベガス・ライツFC (USLC)

3–5

オレンジ・カウンティFC (NPSL)

ネバダ州ラスベガス

4回戦

期間:6月11日 - 12日
組合せ発表:5月30日
備考:MLSの21クラブが登場。4クラブずつ8つの地理的グループを作り、各組に1クラブまたは2クラブずつ3回戦突破組を分散させた。

6/11

コロンバス・クルーSC (MLS)

1–0

ピッツバーグ・リヴァーハウンズSC (USLC)

オハイオ州コロンバス

6/11

ニューヨーク・レッドブルズ (MLS)

2–3 (a.e.t.)

ニューイングランド・レヴォリュッション (MLS)

ニュージャージー州モントクレア

6/11

ヒューストン・ダイナモ (MLS)

3–2

オースチン・ボールドFC (USLC)

テキサス州ヒューストン

6/11

セントルイスFC (USLC)

2–1

シカゴ・ファイアーSC (MLS)

ミズーリ州セント・チャールズ

6/11

レアル・ソルトレイク (MLS)

0–3

ロサンゼルスFC (MLS)

ユタ州サンディー

6/ 11

サンノゼ・アースクエイクス (MLS)

4–3

サクラメント・リパブリックFC (USLC)

カリフォルニア州サンノゼ

6/12

DCユナイテッド (MLS)

2–1 (a.e.t.)

フィラデルフィア・ユニオン (MLS)

ワシントンD.C.

6/12

ニューヨーク・シティFC (MLS)

4–0

ノースカロライナFC (USLC)

ニューヨーク州クイーンズ

6/12

FCシンシナティ (MLS)

2–1 (a.e.t.)

ルイヴィルシティFC (USLC)

オハイオ州シンシナティ

6/12

ミネソタ・ユナイテッドFC (MLS)

4–1

スポルティング・カンザスティ (MLS)

ミネソタ州セントポール

6/12

FCダラス (MLS)

4–0

OKCエナジーFC (USLC)

テキサス州ダラス

6/12

メンフィス901FC (USLC)

1–3

オーランド・シティSC (MLS)

テネシー州メンフィス

6/12

コロラド・ラピッズ (MLS)

2–2 (a.e.t.)
(2–4 p)

ニューメキシコ・ユナイテッド (USLC)

コロラド州コマース・シティ

6/12

LAギャラクシー (MLS)

3–0

オレンジ・カウンティFC (NPSL)

カリフォルニア州カースン

6/12

シアトル・サウンダーズFC (MLS)

1–2

ポートランド・ティンバーズ (MLS)

ワシントン州タコマ

6/13

アトランタ・ユナイテッドFC (MLS)

3–1 (a.e.t.)

チャールストン・バッテリー (USLC)

ジョージア州ケネソー

ラウンド・オブ・16

期間:6月16日, 18日, 19日, 20日
組み合わせ抽選:6月13日
備考:地理的に近いクラブ同士を隣接させたトーナメント表が作られ、以降抽選はなくなった。
サマータイムの時間帯記号:
EDT=Eastern Dayliight Time (UTC-4)
CDT=Central Daylight Time (UTC-5)
PDT=Pacific Daylight Time (UTC-7)

6/18 EDT

コロンバス・クルーSC (MLS)

2–3

アトランタ・ユナイテッドFC (MLS)

オハイオ州コロンバス

6/18 EDT

ヒューストン・ダイナモ (MLS)

2–3

ミネソタ・ユナイテッドFC (MLS)

テキサス州ヒューストン

6/18 EDT

DCユナイテッド (MLS)

1–2

ニューヨーク・シティFC (MLS)

ワシントンD.C.

6/18 CDT

オーランド・シティSC (MLS)

2–1 (a.e.t.)

ニューイングランド・レヴォリューション (MLS)

フロリダ州オーランド

6/19 CDT

FCダラス (MLS)

1–2

ニューメキシコ・ユナイテッド (USLC)

テキサス州ダラス

6/19 CDT

セントルイスFC (USLC)

1–0

FCシンシナティ (MLS)

ミズーリ州フェントン

6/19 PDT

ポートランド・ティンバーズ (MLS)

4–0

LAギャラクシー (MLS)

オレゴン州ポートランド

6/20 PDT

ロサンゼルスFC (MLS)

3–1

サンノゼ・アースクエイクス (MLS)

カリフォルニア州ロサンゼルス

準々決勝

6/10 EDT

オーランド・シティSC (MLS)

1–1 (a.e.t.)
(5–4 p)

ニューヨーク・シティFC (MLS)

フロリダ州オーランド

7/10 CDT

アトランタ・ユナイテッドFC (MLS)

2–0

セントルイスFC (USLC)

ジョージア州ケネソー

7/10CDT

ミネソタ・ユナイテッド (MLS)

6–1

ニューメキシコ・ユナイテッド (USLC)

ミネソタ州セントポール

7/10PDT

ロサンゼルスFC (MLS)

0–1

ポートランド・ティンバーズ (MLS)

カリフォルニア州ロサンゼルス

準決勝

期間:8月6日 - 7日
組み合わせ抽選:7月11日

8/6 EDT

オーランド・シティSC (MLS)

0–2

アトランタ・ユナイテッドFC (MLS)

フロリダ州オーランド

8/7 CDT

ミネソタ・ユナイテッドFC (MLS)

2–1

ポートランド・ティンバーズ (MLS)

ミネソタ州セントポール

決勝

開催地抽選:7月11日
8/27
20:00 EDT

アトランタ・ユナイテッドFC

2–1

ミネソタ・ユナイテッドFC

  • チェイス・ガスパー Goal 10' (o.g.)

  • ゴンサロ・ニコラス・マルティネス Goal 16'

レポート

ロビン・ロッド Goal 47'

メルセデスベンツ・スタジアム, ジョージア州アトランタ
アッテンダンス: 35,709
レフェリー: アレン・チャップマン

翻訳元最終更新履歴
en.wikipedia:2019 U.S. Open Cup 19:06, 28 August 2019‎ (UTC)
de.wikipedia:Lamar Hunt U.S. Open Cup 2019 12:35, 23. Okt. 2019‎ (UTC)
es.wikipedia:Lamar Hunt U.S. Open Cup 2019 08:25 11 oct 2019‎ (UTC)
fr.wikipedia:Coupe des États-Unis de soccer 2019 30 octobre 2019 à 17:42‎ (UTC)
it.wikipedia:Lamar Hunt U.S. Open Cup 2019 09:41, 16 set 2019‎ (UTC)
pt.wikipedia:Lamar Hunt U.S. Open Cup de 2019 14h59min de 28 de agosto de 2019‎ (UTC)

2019MLSカップ・プレーオフズ

 

2019 MLS Cup Playoffs Logo.png

開催地

アメリカ合衆国
カナダ

期間

10月19日 – 11月10日

出場クラブ数

14

前回王者

アトランタ・ユナイテッドFC

優勝

シアトル・サウンダーズFC (2回目)

ランナーズアップ

トロントFC

セミファイナリスツ

  • アトランタ・ユナイテッドFC

  • ロサンゼルスFC

試合数

13

ゴール数

53 (平均4.08)

総観客数

442,476 (平均34,037)

最多得点

Peru ラウル・ルイディアス
(4点)

← 2018MLSカップ・プレーオフズ

2020MLSカップ・プレーオフズ →

ブラケット

 

 

ファースト・ラウンド
10/19–20

 

カンファレンス・セミファナルズ
10/23–24

 

カンファレンス・ファイナルズ
10/29–30

 

MLSC
11/10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E1

ニューヨーク・シティFC

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E4

トロントFC

2

 

 

 

E4

トロントFC (a.e.t.)

5

 

 

E5

DCユナイテッド

1

 

 

 

 

E4 

 

トロントFC

2

 

 

 

 

イースタン・カンファレンス

 

 

 

E2

アトランタ・ユナイテッド

1

 

 

 

E2

アトランタ・ユナイテッドFC

1

 

 

 

 

E7

ニューイングランド・レヴォ

0

 

 

 

 

 

E2

アトランタ・ユナイテッドFC

2

 

 

 

 

 

 

 

E3

フィラデルフィア・ユニオン

0

 

 

 

E3

フィラデルフィア・ユニオン (a.e.t.)

4

 

 

E6

ニューヨーク・レッドブルズ

3

 

 

 

 

 

 

E4

トロントFC

1

 

 

 

 

 

 

W2

シアトル・サウンダーズFC

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

W1

ロサンゼルスFC

5

 

 

 

 

 

 

 

W5

LAギャラクシー

3

 

 

 

W4

ミネソタ・ユナイテッド

1

 

 

W5

LAギャラクシー

2

 

 

 

 

 

W1

ロサンゼルスFC

1

 

 

ウェスタン・カンファレンス

 

 

 

W2

シアトル・サウンダーズFC

3

 

 

 

W2

シアトル・サウンダーズFC (a.e.t.)

4

 

 

 

 

W7

FCダラス

3

 

 

 

 

 

W2

シアトル・サウンダーズFC

2

 

 

 

 

 

 

 

W3

レアル・ソルトレイク

0

 

 

 

W3

レアル・ソルトレイク

2

 

 

W6

ポートランド・ティンバーズ

1

 

 

メモ: 全試合1発勝負で、ホーム開催できるのはレギュラーシーズン順位が高いほうのクラブ。MLSカップ・プレーオフズ通算勝ち点に基づいて決められた。
ソース: 2019 MLS Cup Playoffs Bracket

東地区1回戦

10月19日
1:00 p.m. EDT

アトランタ・ユナイテッドFC

1–0

ニューイングランド・レヴォリューション

  • フランコ・エスコバル Goal 70'

公式記録

 

メルセデスベンツ・スタジアム, ジョージア州アトランタ
観衆: 66,114
主審: ケヴィン・スコット

10月19日
6:00 p.m. EDT

トロントFC

5–1 (a.e.t.)

DCユナイテッド

  • マーキー・デルガド Goal 32'

  • リッチー・ラリェア Goal 93'

  • ジョナサン・オソリオ Goal 95', 103'

  • ニック・デレオン Goal 105+1'

公式記録

  • ルーカス・ロドリゲス Goal 90+3'

BMOフィールド, オンタリオ州トロント
観衆: 25,331
主審: アレン・チャップマン

10月20日
3:00 p.m. EDT

フィラデルフィア・ユニオン

4–3 (a.e.t.)

ニューヨーク・レッドブルズ

  • アレジャンドロ・ベドヤ Goal 30'

  • ジャック・エリオット Goal 52'

  • ファファ・ピコール Goal 78'

  • マルコ・ファビオン Goal 105+1'

公式記録

  • ジョッシュ・シムズ Goal 6'

  • ティム・パーカー Goal 24'

  • トム・バーロウ Goal 45+4'

テイレン・エナジー・スタジアム, ペンシルバニア州チェスター
観衆: 18,530
主審: クリス・ペンソ

西地区1回戦

10月19日
12:30 p.m. PDT

シアトル・サウンダーズFC

4–3 (a.e.t.)

FCダラス

  • ラウル・ルイディアス Goal 18'

  • ジョーダン・モリス Goal 22', 74', 113'

公式記録

  • レジー・キャノン Goal 39'

  • マット・ヘッジス Goal 64'

  • ブライアン・アコスタ Goal 82'

センチュリーリンク・フィールド, ワシントン州シアトル
観衆: 37,722
主審: ニーマ・サガフィ

10月19日
8:00 p.m. MDT

レアル・ソルトレイク

2–1

ポートランド・ティンバーズ

  • ダミル・クレイラツ Goal 28'

  • ジェフェルソン・サバリノ Goal 87'

公式記録

  • ダイロン・アスプリージャ Goal 47'

リオティント・スタジアム, ユタ州サンディ
観衆: 17,452
主審: イスマイル・エルファス

10月20日
7:30 p.m. CDT

ミネソタ・ユナイテッド

1–2

LAギャラクシー

  • ヤン・グレグシュ Goal 87'

公式記録

  • セバスティアン・リェトゲト Goal 71'

  • ジョナタン・ドス・サントス Goal 75'

アリアンツ・フィールド, ミネソタ州セントポール
観衆: 19,939
主審: テッド・ウンケル

カンファレンス・セミファイナルズ

イースタン・カンファレンス

10月23日
7:00 p.m. EDT

ニューヨーク・シティFC

1–2

トロントFC

  • タジュリ=シュラディ Goal 69'

公式記録

  • アレハンドロ・ポンスエロ Goal 47', 90' (pen.)

シティ・フィールド, ニューヨーク州ニューヨーク・シティ
観衆: 19,829
主審: ジャイール・マルーフォ

10月24日
7:30 p.m. EDT

アトランタ・ユナイテッドFC

2–0

フィラデルフィア・ユニオン

  • ジュリアン・グレッセル Goal 10'

  • ジョセフ・マルティネス Goal 80'

公式記録

 

メルセデスベンツ・スタジアム, ジョージア州アトランタ
観衆: 41,507
主審: イスマイル・エルファス

ウェスタン・カンファレンス

10月23日
7:00 p.m. PDT

シアトル・サウンダーズFC

2–0

レアル・ソルトレイク

  • グスタフ・スヴェンソン Goal 64'

  • ニコラス・ロデイロ Goal 81'

公式記録

 

センチュリーリンク・フィールド, ワシントン州シアトル
観衆: 37,722
観衆: アラン・ケリー

10月24日
7:30 p.m. PDT

ロサンゼルスFC

5–3

LAギャラクシー

  • カルロス・ベラ Goal 16', 40'

  • ディエゴ・ロッシ Goal 66'

  • アダマ・ディオマンデ Goal 68', 80'

公式記録

  • クリスティアン・パボン Goal 41'

  • ズラタン・イブラヒモヴィッチ Goal 55'

  • ロルフ・フェルトシェル Goal 77'

バンク・オブ・カリフォルニア・スタジアム, カリフォルニア州ロサンゼルス
観衆: 22,902
主審: ケヴィン・スコット

カンファレンス・ファイナルズ

イースタン・カンファレンス

10月30日
8:00 p.m. EDT

アトランタ・ユナイテッドFC

1–2

トロントFC

  • ジュリアン・グレッセル Goal 4'

公式記録

  • ニコラス・ベネゼ Goal 14'

  • ニック・デレオン Goal 78'

メルセデスベンツ・スタジアム, ジョージア州アトランタ
観衆: 44,055
主審: アラン・ケリー

ウェスタン・カンファレンス

10月29日
7:00 p.m. PDT

ロサンゼルスFC

1–3

シアトル・サウンダーズFC

エドゥアルド・アトゥエスタ Goal 17'

公式記録

  • ラウル・ルイディアス Goal 22', 64'

  • ニコラス・ロデイロ Goal 26'

バンク・オブ・カリフォルニア・スタジアム, カリフォルニア州ロサンゼルス
観衆: 22,099
観衆: ジャイール・マルーフォ

 

MLSカップ

ヴェニュー

一発勝負初年度のMLSカップである。MLSカップ・プレーオフズ通算勝ち点で優るシアトル・サウンダーズFCの本拠地であり、NFLのシアトル・シーホークスも使用しているセンチュリーリンク・フィールドが会場となった。サッカー開催時には37,722人までキャパを制限しているが、この日は通常閉鎖しているエリアも全開放され収容人数をオーバーする69,274人の観衆で超満員となった。チケットは東地区決勝終了直後から年間パス所有者にまず渡され、一般販売分5万枚は11月1日の約数時間のうちに完売。3千枚がトロントFCのファンに配分された。非公式市場では平均622ドルで転売され、シアトルで開催された過去の全てのスポーツイベントの記録を塗り替えた。スタジアムに入り切れないファンのため、サウンダーズのファンは自主的にオクシデンタル・パークでPVを開催した。会場内からのリアクション中継、サウンダーズのファンを輸送するための特別列車増発など、11月10日のシアトルの街はMLSカップ一色の熱狂で染め上げられた。これらの様子は英国でも報道されていた。 (出典1/2/3/4/5/6/7/8/9)

ブロードキャスティング

米国内英語中継は2008年以降と同じABC、スペイン語中継はウニビシオン米国法人。カナダ国内向けは英語中継がTSN、フランス語中継はTVA Sports。ABCの中継ではESPN所属アナで英国のBBCとITVで長いキャリアを誇るジョン・チャンピオンが実況、元米国代表FWテイラー・トウェルマンが解説者であった。(出典1/2/3/4)

 

2019年11月10日
12:00 p.m. PST

シアトル・サウンダーズFC

3–1

トロントFC

  • ケルヴィン・レールダム Goal 57'

  • ビクトル・ロドリゲス Goal 76'

  • ラウル・ルイディアス Goal 90'

公式記録

  • ジョジー・アルティドール Goal 90+3'

センチュリーリンク・フィールド, ワシントン州シアトル
アッテンダンス: 69,274
レフェリー: United States アレン・チャップマン

シアトル・サウンダーズFC

トロントFC

 

 

 

 

 

GK

24

Switzerland フライ

 

 

RB

18

Netherlands レールダム

 

 

CB

29

Panama トーレス

 

 

CB

20

South Korea キム・ケヒ

 

 

LB

11

Australia スミス

 

Substituted off 61'

CM

4

Sweden スヴェンソン

 

 

CM

7

United States ロルダン

 

 

RW

33

Trinidad and Tobago ジョーンズ

 

 

AM

10

Uruguay ロデイロ(c

 

 

LW

13

United States モリス

 

Substituted off 85'

CF

9

Peru ルイディアス

Yellow card 90+1'

Substituted in92'

サブ:

GK

35

United States メレディス

 

 

DF

5

Cameroon ヌオウ・トロ

 

 

DF

25

Ecuador アレアガ

 

Substituted in92'

MF

8

Spain ロドリゲス

 

Substituted in 61'

MF

19

United States ハリー・シップ

 

 

MF

21

Martinique デレム

 

Substituted in 85'

FW

23

Mexico ルイス・シルバ

 

 

マネージャー:

United States シュメルツァー

 

 

Seattle Sounders FC vs Toronto FC 2019-11-10.svg

 

 

 

 

 

GK

16

United States ウェストバーグ

 

 

RB

96

Brazil アウロ

 

 

CB

23

Democratic Republic of the Congo マビンガ

 

 

CB

44

United States ゴンザレス

 

 

LB

2

United States モロー

 

 

CM

8

United States デルガド

 

 

CM

4

United States ブラッドリー(c

 

 

CM

21

Canada オソリオ

 

Substituted off77'

RW

31

Japan 遠藤翼

 

Substituted off62'

CF

10

Spain ポスエロ

Yellow card72'

LW

7

France ベネゼ

 

Substituted off68'

サブ:

GK

25

United States ボノ

 

 

DF

26

Belgium シマン

 

 

MF

18

United States デレオン

 

Substituted in 62'

MF

22

Canada ラリェア

 

Substituted in 77'

FW

9

Venezuela ガジャルド

 

 

FW

13

United States ムーリンス

 

 

FW

17

United States アルティドール

 

Substituted in68'

マネージャー:

United States グレッグ・ヴァンニー

アシスタント・レフェリー
ブライアン・ダン
コリー・ロックウェル
フォース・オフィシャル:
ルビエル・バスケス
控えアシスタント・レフェリー:
ブライアン・ポーシェル
ビデオアシスタント・レフェリー:
エドヴィン・ジュリセヴィッチ
VARアシスタント:
キャメロン・ブランチャード

マッチルール

  • 正規試合時間は90分

  • 延長戦は15分ハーフ

  • 延長戦で決着が付かない場合はペナルティー・シュートアウト

  • サブは7人まで

  • 正規90分内で交代できるのは3人まで、延長は1人まで。

MVP:ビクトル・ロドリゲス (シアトル・サウンダーズFC/出典)

翻訳元最終更新履歴
en.wikipedia:2019 MLS Cup Playoffs‎ 06:24, 12 November 2019 (UTC)
en.wikipedia:MLS Cup 2019 18:43, 13 November 2019 ‎(UTC)
es.wikipedia:Copa MLS 2019  21:45 11 nov 2019 (UTC)
fr.wikipedia:Coupe de la Major League Soccer 2019 ‎11 novembre 2019 à 12:52 (UTC)

1948-49ウルグアイサッカー選手組合ストライキ - 1950年ワールドカップ王者の知られざる内戦