Club Jorge Wilstermann del 2019

目次にジャンプする

【旅も良いけど、まず応援を】

 

バーラブラバ団体「Gurkas/La Banda del Aviador」公式チャンネル
(次の動画が自動で始まらない場合、再生画面右上のアイコンからリストを表示して次に見たい動画を選択してください)


  


ブラジル総合案内所


プロフィールとシーズン結果

2019年のCDホルヘ・ウィルステルマン

Escudo Wilstermann-1.png

原語表記

Club Deportivo Jorge Wilstermann

あだ名

Aviador(飛行士), Rojo(赤), Wilster,
Hércules(ヘラクレス), Imperio Escarlata(深紅の帝国)

創設

1949年11月24日 (70歳)

会長

Bandera de Bolivia グロベール・バルガス

監督

Bandera de Argentina クリスティアン・レオネル・ディアス

ホーム

エスタディオ・フェリックス・カプリレス

収容力

32,000

シーズン結果

国内リーグ

Bandera de Bolivia ディビシオン・プロフェシオナル・デル・フットボル・ボリビアーノ2019

アペルトゥーラ

6位

クラウスーラ

優勝 (15回目)

前回優勝

Trofeo-mini-copa-alumni.png アペルトゥーラ2018 (7回目の半期優勝/通算14回目の優勝)

カップ

Bandera de Bolivia プレシーズントーナメント

前回優勝

Liga trophy (adjusted).png 2016年 (4回目)

大陸

Copa Libertadores (no oficial).svg コパ・リベルタドーレス2019

結果

本大会グループG最下位敗退

ディビシオン・プロフェシオナル・デル・フットボル・ボリビアーノ2020
1月18日トルネオ・アペルトゥーラ開幕

コパ・リベルタドーレス2020 グループC 3月4日初戦

オフィシャルサイト

 

クルブ・デポルティーボ・ホルヘ・ウィルステルマンは、ボリビア多民族国コチャバンバ県コチャバンバのプロサッカークラブ。ロイド・ボリビア航空の実業団チームとして1949年に結成され、1953年ごろを境に親会社の企業色を排した独立採算制の法人となった。ディビシオン・プロフェシオナル・デル・フットボル・ボリビアーノ/コパTigo (1977年から2017年までの名称:リーガ・デル・フットボル・プロフェシオナル・ボリビアーノ)に初年度から1度も降格せずに在籍し続けており、ボリーバルに次ぐ歴代2位タイの15回優勝(リーグ戦形式ではなかった各県代表による大会カンペオナート・ナシオナル、コパ・シモン・ボリーバルなど1977年以前の全国規模タイトルを含む)、通算勝ち点歴代5位を記録している。

 

2019年シーズン開幕時はザ・ストロンゲストの持つ歴代単独2位の優勝回数を射程圏に収めていたが、前期リーグは優勝したボリーバルに圧倒的に引き離されて6位に終わり、コパ・リベルタドーレス2019でもグループG最下位で早期敗退した。後期リーグは開幕から首位戦線にしっかりと踏み止まっていたが、大統領選不正疑惑から始まった全国規模の反政府抗議でリーグが中断。11月24日に再開してから1ヶ月弱で残り10節を消化する異常な過密日程を強いられた。残り3節時点で首位を奪回すると、そのまま勝ち続けて最終節(現地時間2019年12月28日午後6時ごろ/日本時間12月29日午前7時ごろ)で15回目の優勝とコパ・リベルタドーレス2020本大会出場を決めた。組み合わせ抽選は12月16日に既に終了しており、ウィルステルマンが獲得した「ボリビア2」の番号は、ウルグアイ年間2位のCAペニャロール、チリ年間2位のCSDコロ=コロ、コパ・ド・ブラジル優勝枠及びリーグ戦年間5位のアトレチコ・パラナエンセのいるグループCに入っている。


ウィルステルマンの優勝回数の数え方

DPFB (2018-):ボリビア連盟が運営する。前後期制であり、どちらも1回分でカウントする。
LFPB (1977-2017):プロクラブ有志連合によってアマチュアリズムを排除した全国規模プロリーグ。1977年から2002年まではチャンピオンシップを制した場合のみカウントする。2003年以降は他のラテンアメリカ諸国でも広く行われている年間王座を統一しない前後期制になったので、どちらか片方だけの優勝でも1回分にカウントする。
コパ・シモン・ボリーバル (1960-1976):伝統的な県リーグを2月から8月に行い、その上位クラブが集まって行われた全国大会。純粋なプロリーグではなかったが、ボリビアサッカー連盟運営下で行われた正統な全国最上位タイトル。コパ・リベルタドーレス出場クラブを決める為の大会という性格が強い。ただし、この時代から「全国大会」と「県大会」は完全に異なるものとなった事は間違いない。
トルネオ・インテグラード・インテルデパルタメンタル (1954-1959):コチャバンバ県協会とオルーロ県協会の合同プロサッカーリーグに、ラパス県プロサッカーリーグのクラブが参加する形で行われた、アルティプラノ地域3県の大会。1957年には実現せずラパス県側とコチャバンバ&オルーロ県側が別々にプロリーグを行ったが、両方とも公式タイトルと見做されている。いずれの王者もアンデス高地帯のクラブに限定されるため、1970年代頃から石油・天然ガスの豊富な埋蔵量と大規模農業などで経済力と政治的発言力を高めた、オリエンタル地域のプロサッカークラブから「全国タイトルの正史と見做すのはおかしいのではないか」という考えが浮上した。実際にサンタクルス県のGDPと人口は既にラパス県を超えているし、また1977年から2016-17年シーズンまでのLFPB通算勝ち点ランキングでは、コチャバンバ県のウィルステルマンはサンタクルス県のオリエンテ・ペトロレロとブルーミングの後塵を拝し5位に甘んじている(出典:1/2/3)。
ディビシオン・プロフェシナル・デル・フットボル・ボリビアーノ (2回)
アペルトゥーラ2018, クラウスーラ2019 (最多タイ)
リーガ・デル・フットボル・プロフェシオナル・ボリビアーノ (6回)
1980, 1981, 2000, セグンド・トルネオ2006, アペルトゥーラ2010, クラウスーラ2016
コパ・シモン・ボリーバル (4回)
1960, 1960, 1972, 1973
トルネオ・インテグラード (3回)
1957, 1958, 1959

 


フガドーレス
 
 
エキポ・テクニコ
N.º
Nac.
Pos.
名前
前エキポ
育成エキポ
アルケーロス
1
Bandera de Bolivia
POR
ウーゴ・スアレス
37 
Bandera de Bolivia ブルーミング
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
13
Bandera de Paraguay
POR
アルナルド・ヒメネス
32 
Bandera de Argentina ボカ・ウニードス
Bandera de Paraguay オリンピア
デフェンサス
3
Bandera de Bolivia
DEF
シェルトン・コルデーロ
21
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
4
Bandera de Bolivia
DEF
フアン・アポンテ
27 
Bandera de Bolivia ナシオナル・ポトシ
Bandera de Bolivia ナシオナル・ポトシ
5
Bandera de Bolivia
DEF
セバスティアン・レジェス
22 
Bandera de Bolivia クルブ・ペトロレロ
Bandera de Bolivia クルブ・ペトロレロ
6
Bandera de Paraguay
DEF
イスマエル・ベネガス
32 
Bandera de Paraguay グアラニ
Bandera de Paraguay リベルタ
15
Bandera de Bolivia
DEF
パブロ・ラレド
26 
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
16
Bandera de Bolivia
DEF
ロニー・モンテーロ
28 
Bandera de Bolivia レアル・ポトシ
Bandera de Bolivia オリエンテ・ペトロレロ
22
Bandera de Bolivia
DEF
エドワル・センテーノ Capitán
35 
Bandera de Bolivia アウロラ
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
24
Bandera de Bolivia
DEF
オスカル・バカ
31 
Bandera de Bolivia アウロラ
Bandera de Bolivia アウロラ
26
Bandera de Bolivia
DEF
カルロス・ダニエル・ペレス
20 
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
28
Bandera de Bolivia
DEF
オマール・モラレス
31 
Bandera de Bolivia スポル・ボーイス・ワルネス
Bandera de Bolivia ブルーミング
メディオカンピスタス
7
Bandera de Bolivia
MED
ビクトル・ウーゴ・メルガル
31 
Bandera de Bolivia サン・ホセ
Bandera de Bolivia ウニオン・セントラル
8
Bandera de Bolivia
MED
カルロス・アントニオ・メルガル
25 
Bandera de Bolivia クルブ・ペトロレロ
Bandera de Bolivia オリエンテ・ペトロレロ
9
Bandera de Argentina
MED
クリスティアン・マヌエル・チャベス Capitán
33 
Bandera de Grecia アステラス・トリポリスFC
Bandera de Argentina CAボカ・ジュニオルス
10
Bandera de Brasil
MED
セルジーニョ・エンヒキ・フランシスコ
35 
Bandera de Brasil リネンセ
Bandera de Brasil リネンセ
11
Bandera de Bolivia
MED
アレハンドロ・メレアン
32 
Bandera de Bolivia スポル・ボーイス・ワルネス
Bandera de Bolivia ラパスFC
14
Bandera de Bolivia
MED
ホルヘ・アントニオ・オルティス
35 
Bandera de Bolivia オリエンテ・ペトロレロ
Bandera de Bolivia ブルーミング
23
Bandera de Bolivia
MED
フェルナンド・サウセード Capitán
29 
Bandera de Bolivia CDグアビラ
Bandera de Bolivia オリエンテ・ペトロレロ
21
Bandera de Bolivia
DEF
ラミーロ・バリビアン
27 
Bandera de Bolivia ザ・ストロンゲス
Bandera de Bolivia ウニベルシタリオ・デ・スクレ
27
Bandera de Bolivia
MED
モイセス・ビジャロエル
21 
Bandera de Bolivia ボリーバル
Bandera de Bolivia ブルーミング
29
Bandera de Bolivia
MED
セバスティアン・ガリンド
19 
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
30
Bandera de Bolivia
MED
ジョスエ・ママーニ
19 
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
31
Bandera de Bolivia
MED
フェルナンド・カステジョン
23 
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
34
Bandera de Argentina
MED
エステバン・オルファノ
27 
Bandera de Argentina CAヌエバ・チカゴ
Bandera de Argentina CAボカ・ジュニオルス
35
Bandera de Bolivia
MED
レオネル・フスティニアノ
27 
Bandera de Bolivia ボリーバル
Bandera de Bolivia ボリーバル
デランテーロス
17
Bandera de Brasil
DEL
ニウソン・ドス・サントス
28 
Bandera de BrasilポルトゥゲーザRJ
Bandera de Brasil ヴァスコ・ダ・ガマ
18
Bandera de Bolivia
DEL
リカルド・ペドリエル
32 
Bandera de Turquía メルシン・イドマニュルドゥ
Bandera de Bolivia ウィルステルマン
19
Bandera de Bolivia
DEL
ジルベルト・アルバレス
27 
Bandera de Arabia Saudita アル=ハスム・ラス
Bandera de Brasil クルゼイロEC
20
Bandera de Bolivia
DEL
ブルーノ・ミランダ
21 
Bandera de Estados Unidos DCユナイテッド
Bandera de Chile ウニベルシダ・デ・チレ
 
 
エントレナドール
Bandera de Argentina クリスティアン・レオネル・ディアス
アドフント
Bandera de Argentina ガストン・ラモンディーノ
フィジコ
Bandera de Argentina イバン・シェール
ホペイロ
Bandera de Bolivia アレックス・ロドリゲス
Bandera de Bolivia ホセ・ルイス・ロドリゲス

略語の意味
  • Pos. : ポジション
  • Nac. : 国籍およびスポーツ上の国籍
  • Capitán キャプテン
  • Lesionado 負傷者
  • POR / ARQ : GK
  • DEF : DF
  • MED / VOL : MF
  • DEL : FW

2019年12月11日


エスタディオ・フェリックス・カプリレス
Vista Aerea de la Inauguracion de los Juegos Suramericanos Cochabamba 2018.jpg
フエゴス・スダメリカーノス2018開会式の航空写真
原語表記
Estadio Sudamericano Félix Capriles
場所
Bandera de Bolivia ボリビア多民族国コチャバンバ県コチャバンバ
所有者
Flag of Cochabamba.svg コチャバンバ県庁
ピッチ
天然芝
ピッチサイズ
105 × 68 メートル
収容力
32,303人
映像装置
LEDスクリーン
7.48 × 4.30 メートル
開場
1938年, 2018年 (改修後)
改修
1997年, 2018年
拡張
1992年
建築家
ホセ・ビジャビセンシオ
計画者
フェリックス・カプリレス・サインス
ホームチーム
CDホルヘ・ウィルステルマン
イベント
  • コパ・アメリカ1963決勝戦
  • ボリバリアン・ゲームズ1993
  • コパ・アメリカ1997
  • サウスアメリカン・ゲームズ2018
座標:17°22′45″S 66°09′43″O

 

エスタディオ・スダメリカーノ・フェリックス・カプリレスはボリビア多民族国コチャバンバ県コチャバンバの総合競技場。1922年11月7日にバウティスタ・サーベドラ大統領が現地の富豪クエジャル家の所有していた「カラカラ」という大農場を法的に買収し、建設が始まった。しかし開場まで16年かかり、当初計画が完全に遂行されたのは20世紀末の1997年だった。1993年のボリバリアン・ゲームズ開催時に8レーン陸上トラックを完備、2018年に向けた改修時にはFIFAから観客間の距離が40cmある事が望ましいと指摘されて改善し、照明の水準はボリビア最高のものになった。ボリビア国内でラパスのエスタディオ・エルナンド・シレス以外では、FIFAの国際Aマッチ開催基準を満たしているのはフェリックス・カプリレスだけである。

   


翻訳元最終更新履歴
es.wikipedia:Club Deportivo Jorge Wilstermann 05:56 29 dic 2019‎ (UTC)
es.wikipedia:Primera División de Bolivia 02:41 29 dic 2019 (UTC)
es.wikipedia:Liga del Fútbol Profesional Boliviano 12:47 19 dic 2019 (UTC)
es.wikipedia:Copa Simón Bolívar (Bolivia) 13:17 28 dic 2019 (UTC)

1948-49ウルグアイサッカー選手組合ストライキ - 1950年ワールドカップ王者の知られざる内戦