CAセントラル・コルドバ (サンティアゴ・デル・エステロ)

Central Córdoba - セントラル・コルドバ
Escudo del Club Central Córdoba de Santiago del Estero.svg
フルネーム Club Atlético Central Córdoba
クルブ・アトレティコ・セントラル・コルドバ
あだ名 El Ferroviario(鉄道業者)
創立 1919年6月3日 (100歳)​
会長 Bandera de Argentina ホセ・アルファーノ​
監督 Bandera de Argentina グスタボ・コレオーニ
施設
ホームスタジアム エスタディオ・アルフレッド・テレーラ
所在地 Granadero Saavedra y San Martín
サンティアゴ・デ・ル・エステロ州サンティアゴ・デル・エステロ
収容人数 21,500人
開場 1946年 (73歳)
クルブ・アトレティコ・セントラル・コルドバは、アルゼンチン共和国サンティアゴ・デル・エステロ州サンティアゴ・デル・エステロに本拠地を置くスポーツクラブ。サッカー部門は2019-20シーズンにスーペルリーガ・アルヘンティーナに所属している。サンティアゴ・デル・エステロ州のサッカーチームの中ではアルゼンチン1部リーグ在籍年数最多、2部相当リーグ在籍年数も最多であるが、全国リーグ所属期間と地域リーグ所属期間は通算でほぼ同じである。最大のライバルはCAミトレで、両者の対戦はクラシコ・デ・サンティアゴ・デル・エステロと呼ばれる。

結成:1919年

CAセントラル・コルドバは1919年6月3日、コルドバ市とアルゼンチン北部各地を結ぶ鉄道路線を運営していた「フェロカリル・セントラル・コルドバ」社の従業員サークルによって結成された。

レティーロ駅で「フェロカリル・セントラル・コルドバ」社の鉄道従業員たちがCAセントラル・コルドバを結成した。

クラブが輩出した著名なサッカー選手達

テオフィロ・フアレス (ティグレ、リーベル )、 "グラシータ" ベルトラン (アルゼンチン代表、CAラヌース)、パトリシオ・アジュンタ (ラヌース)、ウーゴ・アビラ (アトレティコ・トゥクマン)、パブロ・ディアス (ラシン。ナシオナル1971中央地域最優秀選手)、パストール・コルドバ (CAバンフィエルド)、マヌエル・ロハス (バンフィエルド)、オルランド・ブッチ (チャカリタ・ジュニアーズ、サン・マルティン・デ・トゥクマン)、ビクトール・ペレイラ (サン・マルティン・デ・トゥクマン。ナシオナル1974中央地域最優秀選手)、ホセ・アルテミオ・ルニス (GELP、アルトス・オルノス・サプラ、フベントゥー・アントニアナ。ナシオナル1971得点王)、ルイス・バリエントス (ボカ、アトレティコ・トゥクマン)、レネ・サンチェス (バンフィエルド)、アルベルト・チャサレタ (バンフィエルド)、レオンシオ・エリセオ・カルドーソ(ベルグラーノ・デ・コルドバ、ラシン・デ・コルドバ、アトレティコ・トゥクマン)、 エクトール・ギジェルモ・セハス (AAAJ、サン・マルティン・デ・トゥクマン、ヒムナシア・イ・ティロ・デ・サルタ)、サンティアゴ・アルフレッド・フアレス(サン・マルティン・デ・トゥクマン、CAコロン、キルメスAC)、フアン・カルロス・ロルダン(NOB、バンフィエルド)、アルド・ソリア(NOB、アトレティコ・トゥクマン)、フアン・カルロス・ロペス (アトレティコ・トゥクマン、ラヌース)、フアン・コントレーラス (CAウラカン), ミゲル・ "ミキー"・ガルバン (キルメス)、アントニオ・セバスティアン・ディ・ピエトロ (ベネヴェント、ペスカーラ、グラナダCF)、セバスティアン・サエス (タジェレス・デ・コルドバ)、エセキエル・ベナビデス (ボカ)、レオナルド・セケイラ (ベルグラーノ・デ・コルドバ)らが全国的に有名である。 ルイス・ガルバン、ビクトール・ボッタニス、エクトール・カッセもアルゼンチン代表に選ばれている。

1960年代

地元市民の間でクラブの人気が高まってきたのは、サンティアゴ・デル・エステロ州リーグを1959年から1967年まで7連覇し、この州の強豪クラブとしての地位を確固たるものとした1960年代半ばの事である。

ナシオナル1967 - アルゼンチン1部へのデビュー

1967年にアルゼンチンサッカー協会はプリメーラ・ディビシオンに抜本的改革を施し、従来の首都圏・サンタフェ州勢のみが属する1部リーグを引き継いだ「メトロポリターノ」と、これに昇格できないプロビンチアを対戦させる「ナシオナル」という短期大会を組み合わせた2ステージ制が始まった。ナシオナルはAFAに直接加盟しておらず、地元の州サッカー協会を通じて間接的にしか中央とのつながりを持てなかった地方のクラブに、大都市の強豪・名門たちと公式戦で初めて対戦する機会を作った。 プロビンチアにとってはナシオナルの地方予選に相当するトルネオ・レヒオナルにおいて、セントラル・コルドバは決勝でトゥクマン州のスポルティーボ・グスマン(現クルブ・スポルティーボ・アルフレッド・グスマン)に勝ち、ナシオナル創設初年度に出場権を獲得した。「鉄道労働者」たちは1967年9月8日、ホームの15,000人超の観衆の前で前年度コパ・リベルタドーレス準優勝のリーベルを迎え撃ったが、記念すべきプリメーラ・ディビシオン初試合はソラーリの決勝点でリーベルに0-1で敗れた。またこの試合はセントラル・コルドバにとってシンコ・グランデス(5大名門)と対戦した初の公式戦でもあり、ソラーリの得点はナシオナルのファーストゴールだった。第3節ではCAベレス・サルスフィエルドとホームで引き分けたが、その後エストゥディアンテスLPに1-2、CAロサリオ・セントラルに0-1と敗れ連敗を喫した。AFA間接加盟クラブの首都クラブからの初勝利はセントラル・コルドバによって成し遂げられ、1967年10月15日にボカに敵地ラ・ボンボネーラで1-2で勝った試合であった。この歴史的な試合でセントラル・コルドバのゴールを決めたのはアランダとマヌエル・ロハスである。また11月5日には同年コパ・リベルタドーレスを制したラシンをホームに迎え、0-0のスコアレスドローと健闘した。しかし最終順位は14位で、他の間接加盟組と共に16クラブ中の下位4クラブを占めた。

トルネオ・プロモシオナル1968

1968年、メトロポリターノ1968のA組・B組でそれぞれ7位・8位となったクラブは、トルネオ・レヒオナル1968でナシオナル出場圏外(グループAからDの2位以下)となったプロビンチアと4クラブと、ミニ大会「トルネオ・プロモシオナル」を戦った。レヒオナルA組2位のセントラル・コルドバも出場し、3勝3分8敗で8クラブ中6位の成績であった。

1970年代

ナシオナル1971:2度目のプリメーラ・ディビシオン

セントラル・コルドバはトルネオ・レヒオナル1971を勝ち抜き、3年ぶりにナシオナル出場権を勝ち取ったが、しかしこれが彼らにとって最後のナシオナルとなった。チームの成績は良く、CAサン・マルティン・デ・トゥクマンに4-1、CAチャカリータ・ジュニオルスに敵地で1-2と勝利。ボカと1-1、エストゥディアンテスLPと2-2で引き分けたが、最終成績はグループBで14クラブ中13位での敗退だった。以後セントラル・コルドバは2度とナシオナルへの切符をつかみ取れなかったが、1985年の廃止まで地域予選には通算11回出場し、1979年と1984年にもナシオナル出場権を賭けたゾーン決勝まで駒を進めたが、いずれも優勝を逃し全国の舞台に返り咲けなかった。

1980年代

ナシオナル廃止後の1986年、新たな全国2部リーグとして「ナシオナルB」が創設された。セントラル・コルドバは同年のサンティアゴ・デル・エステロ州リーグで優勝し、その他12のAFA間接加盟地域のクラブと共にナシオナルB初年度の1986-87シーズンに参入を決めた。

1990年代

6シーズンにわたりアルゼンチン全国リーグ2部の座を守ってきたセントラル・コルドバだったが、1991-92シーズンに過去3季平均勝ち点順位表で22クラブ中の最下位となり、3部相当のトルネオ・アルヘンティーノAに自動降格した。前年度はエスタディオ・キンセ・デ・アブリルで開催されたプレーオフでCAティグレをフランチェスキ、サルバティエラ、バラーサの得点で3-0と破り残留を決めたが、低迷に歯止めをかけることができなかった。1996年には4部相当のトルネオ・アルヘンティーノBに組み込まれ、その初年度は昇格プレーオフ準々決勝で敗退した。1997-1998シーズンに4部で優勝して昇格したが、しかし3部での翌シーズンはまったく振るわず1年で4部に落ちた。

2000年代

セントラル・コルドバは2000年にトルネオ・アルヘンティーノBに2次ラウンドから出場したが、昇格を賭けたファイナルステージを前に4次ラウンドで敗退した。さらに追い打ちをかけるように州リーグでの成績が低迷、経営面でも危機的な状況に陥り遂にサンティアゴ・デル・エステロ州リーグ2部に降格した。翌2001-02シーズンも経営危機は続いたが、しかしピッチ上では結果を出し州1部に復帰した。 なおこのシーズンのセントラル・コルドバは、リーガ・サンティアゲーニャ2部の観客動員数で史上最高値を記録した。 2004年にAFA諮問委員会は、この時点においてAFA直営の全国リーグに上がれていなかったクラブのうちで、歴史と実績を持つプロビンチアをいくつかトルネオ・アルヘンティーノBに推薦昇格させ、セントラル・コルドバもその恩恵にあずかった。以後3シーズンは全国4部の地位を守り、2006-07シーズンは北部ゾーン決勝に勝ち進んだが、CAボカ・ウニードス・デ・コリエンテスに敗北。リギージャ・デ・プロモシオンに3部昇格の可能性を残したが、ここでもCAタジェレス・デ・ペリコの前に敗退を喫した。 2007-08シーズンもファイナルステージでCAパトロナート・デ・ラ・フベントゥー・カトリカに敗れプロモシオンに回ったが、この時はAAルハン・デ・クジョとホームでの第1戦で1-1と引き分け、メンドーサでの第2戦に0-4と大勝し、合計5-1でトルネオ・アルヘンティーノA昇格を決めた。

2010年代

2014年まで3部リーグの地位を守ったセントラル・コルドバは、2013-14シーズンのゾーン3優勝決定戦でウニオン・アコンキハと対戦した。延長戦の118分にカルロス・エレーラの決勝点で1-0と勝利し、22年ぶりに2部(プリメーラB・ナシオナル)復帰を決めた。2016-17シーズンは成績が極度に低迷し、平均勝ち点で23クラブ中20位となって3部(トルネオ・フェデラルA)に自動降格した。当時の監督グスタボ・コレオーニには他クラブからオファーがあったが、彼はこれを断り残留した。そしてクラブ首脳陣とインチャ達に「リベンジ作戦」を呼びかけ、アレクシス・フェレーロ、アルフレッド・ラミレス、ディエゴ・ハラなど、プリメーラ・ディビシオンでの経験を持つ選手たち、パブロ・オルテガやレアンドロ・ベージャら将来有望な若手を核とした強力なチームを編成。はっきりとした自分達のサッカースタイルを確立したセントラル・コルドバは、3部での2017-18シーズンでホーム全勝・29試合で53得点など圧倒的な強さで1次ラウンド・2次ラウンドをいずれも首位通過した。そして5クラブで争われた決勝リーグでも4勝1分0敗と強さを維持し、CAヒムナシア・イ・エスグリマ・デ・メンドーサとのレースを制して優勝。1年での2部復帰を決めた。

プリメーラB・ナシオナルでもコレオーニ監督率いるフェロビアリオスの躍進は続き、2018-19シーズンは復帰初年度ながら25クラブ中6位となり、2位から9位によって争われるトルネオ・レドゥシードに進出。準々決勝でCAプラテンセを合計1-0、準決勝でアルマグロを合計4-2で下し、決勝でCAサルミエント・デ・フニンと最後の昇格枠をかけて対戦した。ホームでの第1戦は1-1で引き分け、6月8日の第2戦も0-0で引き分け、規定によりアウェイゴールで決着を付けずPK戦を行い、これに3-5で勝って2部昇格初年度でいきなりスーペルリーガ・アルヘンティーナ2019-20昇格を決めた。セントラル・コルドバがアルゼンチンのトップリーグを戦うのはメトロポリターノ・ナシオナル時代の1971年シーズン以来48年ぶりの事で、現行の1ステージ制においては初昇格である。

エスタディオ・アルフレッド・テレーラ

インチャーダとバーラ・ブラハ

イムノ

所属カテゴリーと所属期間

  • 1部: 3シーズン
    • プリメーラ・ディビシオン=スーペルリーガ・アルヘンティーナ: 1季 (2019-20)
    • カンペオナート・ナシオナル: 2季 (1967, 1971)
  • トルネオ・プロモシオナル: 1季 (1968)
  • プリメーラB・ナシオナル/ナシオナルB: 10季 (1986/87-1991/92, 2015-2016/17, 2018/19)
  • トルネオ・アルヘンティーノA: 9季 (1998/99, 2008/09-2014, 2017/18)
  • トルネオ・アルヘンティーノB: 7季 (1996, 1998, 2000, 2004/05-2007/08)
1985年改革以前の全国リーグ・地域リーグ所属期間
1985-86シーズン以降

2019-20シーズンのトップチーム

タイトル

州規模

※(2)・(3)=複数ステージを全制覇
  • リーガ・サンティアゲーニャ (47回): 1945、1957(2)、1959 (2)、 1960 (2)、 1961 (2)、 1962, 1963 (2)、 1964 (2)、 1965 (2)、 1966、 1967、 1969(2)、 1970、 1971 (3)、 1972、 1974、 1975 (2)、 1976、 1978、 1980、 1981、 1983 (2)、 1984 (3)、 1985 (2)、 1986、 1988 (裁定)、 1990 (裁定)、1995後期、 1997前期、1998決勝ラウンド、 リギージャ1999、 2010
  • コパ・サンティアゴ (1回): 2014
  • リーガ・サンティアゲーニャ・プリメーラB (2回): 1923、2001

全国規模


翻訳元最終履歴:es.wikipedia:Club Atlético Central Córdoba (Santiago del Estero) 21:11 10 ago 2019 (UTC)

アスレティック・ビルバオ関連ニュース

バスク関連記事

スペイン語圏全般

・ 1948-49ウルグアイサッカー選手組合ストライキ - 1950年ワールドカップ王者の知られざる内戦